2017-02

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW釣行1日目!!

GW釣行1日目。

行先はコードネーム「近所の川」  かれこれ5年ぶりくらいのフィールドです。  その当時に比べて圧倒的に魚探の進化が見受けられます。 ←当時はハミンのサイドイメージ出始めでした。

サイドスキャンなど魚探の進化によって釣るべきスポットが特定出来るようになりましたね。


とは言っても5年ぶりのフィールド。  かつココのフィールドは苦手な分野の川ですし。

何が苦手かというと、明確な淵が少なく瀬の地形が多い事が挙げられます。   これが意味することは、回遊が早まって釣れるときはバタバタ。釣れないときは全くといった現象が出てくるように思います。

本日の釣行でもやっぱりそんな感じ。   釣れるときは同船者と一緒にバタバタとアタリが。  ←残念ながらフックアップできずにバイバイでした。

結局釣れたのは夕方4時くらいのタイミング。  丁度夕マヅメに入るくらいの時間帯です。
RIMG0015_convert_20160430213442.jpg

アンクルゴビーシャッドテール4インチのヘビーダウンショットでした
RIMG0018_convert_20160430213523.jpg
この時期のシャッドテールワームは定番です。

苦手フィールドですが、タイミングよく入ると釣れてくれますね。
まだまだ勉強して釣れるようになりたいですね。


GW釣行2日目は、プロ戦を控えた北山湖へ。  釣れれば御の字。 釣れなくても雰囲気の把握は確実にしておきたいところです。

JB九州開幕戦!!

今年もいよいよ始まりました。 年4回行われる楽しい試合の始まりです。

前日練習が出来なかったこともあり、試合当日は移動に移動を繰り返して、昼くらいにフィットさせる行動戦略。

ですので、午前中のポイントの長居はいくら釣れそうなポイントでもしません。 長くて20分くらい。  経験上、この時期魚が回り始める&喰いが立つのが昼くらいからなのでそ、れまでは見て回る事に専念。
参加した選手の中では走った方だと思いますね。

見て回った結果、黒土エリアの真ん中くらいにある2m~3mのフラットハードボトムの張り出しで1発。 800gないくらいのオスが釣れてくれて、一安心。
回遊が始まったと確信して、見て回った中で釣れそうなポイントをランガン。  しかし、どのポイントも答えてくれませんでしたね。 

最後の最後終了30分前に、中間市役所前の遠賀橋の橋脚に。

水面を観察すると釣れそうな雰囲気だったので、その状況下で良いピンスポットへキャスト。

するとどうでしょう。  1アクション目でグングンと持っていきよったで~ って感じであっさり1300gくらいのがコンニチハ。

去年の開幕戦は0発進でしたので、2本は上出来。  

お立ち台なんて乗れるとは思っていなかったので、4位で呼ばれたときはビックリポンでしたね。
釣れない大会のほうがスリリングなので好きですが、ウエイト的に1000~2000gの間が多く、ポイントの開きが無い印象です。

次回はスポーニング後半の北山湖。  満水で迎えることがほぼなので、オーバーハング対策や飛び道具の発見など、やることはたくさんあって楽しみな試合です。
次回も頑張りますよ~。
FullSizeRender (2)



初戦結果  2本 2105g 4位

鳥のフン!!

RIMG0012_convert_20160312174035.jpg


本日も遠賀川でオカッパリ。  ボートでは出来ない ボートでは見えない発見が沢山あります。



全ては27日に行われるプロ戦のための準備ですので、楽しみながら真剣に釣っていってます。 オカッパリでは水温が分からないので、ボートの時にあれこれ考えることが省略されます。←ホンとはいけないことなんでしょうけど。。。



自分がここかなっと思っているストレッチを4か所。 計1.6kmくらいですか。 歩いてきましたよ。

RIMG0014_convert_20160312174210.jpg
汚いですが、接写!!!

鳥のフンですが、これがあるストレッチでは魚っ気があり、写真のように原型をとどめている若いやつがあればなおヨシでした。






ブラウンパープルのマムシジグが炸裂です。
RIMG0011_convert_20160312174316.jpg
因みにトレーラーはイカジャコ(エコギア)です。 まだまだ低水温ですので、ペタッとしたトレーラーを使用しました。  もう少ししたら、マブクローが良くなるでしょうね。



約2か月ぶりの遠賀川バス。  頭の中で整理してもっと釣れるように準備していきます。

古き良きスカート素材と形!!


本日は雨天休工となった為、遠賀川へオカッパリに。  ボートを出したいのも山々ですが、車検ですのでオカッパリへと言ってきた次第です。

使ったのはイマカツ製品であるマムシジグ。  最近このような当たり前な形をしたジグが少なくなってきたので、ちょっとこだわりがあって使っています。 アーキヘッドとフットボールヘッドの中間の形なので、両方の良いところ取りしたヘッド形状になっていますね。

フラットのガキガキ岩盤で、ズル引きしながら時々横に倒れるという動きを妄想で使っていますよ。

あとはスカート。
このジグに巻いてあるスカートは細いタイプのシリコンラバーで、今流行?の太いラバーとは真逆です。

元々、ヘビージグには太いラバーは合わないのじゃないかなぁっと思っているので、この細いラバーがベストです。
SR-40というラバーが大好きなので、それに近い感覚のこのラバーもヨシ!!ってことですな。

幸いエコタックルなので、もう少し弾を確保して春の遠賀川を攻略していきたいと思います。



んんっ。 釣果ですか??  無いですよ(笑)

良いものとは??

3月に入りましたね。 ようやくシーズンインと言ったところでしょうか。

自分もシーズンインに向けて、ラインの巻き替えをせっせとやっているところです。  ラインを使う上で最も重要な点は皆様どこでしょうか?   感度? 伸度? 強度?  どれでしょう?

ワタクシが最も重要視している点は、耐久力ですね。   これは、自分の良いものとは? という点において最も気にしている、一般アングラー目線で物事を考えるというところから来ています。

各メーカー、ラインに限らず新商品が毎年必ず出ます。 感度が優れているもの。 初期伸度が少ないもの。 しなやかなもの。
新しいラインに釣行事変えれる、契約プロの方々はそれで良いのでしょうが、一般アングラー目線で行くと、巻き替えて新品の状態が長く続くラインが一番良いに決まっています。 ラインの代金も馬鹿になりませんしね。

ラインを筋肉に例えると、硬い筋肉と柔らかい筋肉 どちらが筋肉を傷めやすいか考えたら、耐久力があるラインはどちらかわk利やすいかと。

曲げ伸ばしを多くする上で、硬い筋肉の方が疲労がたまるのが早いですよね。 自分は長く使うのだったら、柔らかくてその性能が維持できるラインをオススメしたいなと。

東レだったらエクスレッド。  それ以外のメーカーでしたら、呉羽のシーガーR18フロロリミテッドですかね。
IMG_2459.jpg

この2つはオススメですよ。

最近は道具のことばかり書いていますのでフィールドに出ますよ~。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。