2017-05

Latest Entries

散り頃は釣り頃!!

♫~桜舞い散る中に忘れた記憶と~♬   最近の季節にぴったりの歌ですが、愛しの鈴木えみちゃんはどこへ行ったの??
c8ed3f76.jpg
はぁ~美しい笑

この歌に関連するわけではないんですけど、桜の散るタイミングで魚が産卵に入りだすっていうお話です。

先日オカッパリで小規模のダム行ってきました。 ここは周囲すべて歩けて、水も比較的綺麗な部類に入るので例年、魚の観察に来ているフィールドの一つであります。

まぁ朝一に到着して、1週目はデューク更家よろしくツイストウォークで1周歩きます。 ここで注意するのは、魚に捉われず水質からベイトの位置関係まできっちり把握すること。
1週目でまだ来るのが早いと悟ったわけですけど、唯一可能性があるであろうダムサイト近くの小さなシャローの張り出しがきになって2周目はそこ近辺をじっくり見ることにしてみました。

この時期特有の茶褐色な水質だったんですが、よくよく見るとシャローへと差しているのが分かります。
まぁ見えたら釣りたくなるのが性なので、アプローチかけてみますけど、案の定場所に固執せずうろうろ動き回る状態。

中にはペアで行動している奴もいましたが、基本オス単体でシャローを回遊している感じ。
これを見るにつけ次の潮周りが勝負やなって確信。

見えバスに固執せず、ロングディスタンスで沖の中層をネコリグでスイミング。   スイミングするレンジはスポーニングフラットの水深というのが絶対条件です。  20mくらい沖にキャストして1mレンジをスイミングさせてきます。
スイミングさせてきてやりづらくなる距離が出てくると思うんですけど、そこを意識してスポットの上に重ねていく作業をやっていくとドカン!! っと1発。
IMG_1301.jpg
小さく見えますが45くらいのオスちゃんです。

ワームもそれらしいのを使っているんで、水の中は春めいてきていますよ。

PEタックルを使っていたんでもう一つ実験としてリーダーの色を意識して変えてみてました。
IMG_1299.jpg

右からT5 ヤエン用ハリス ノーマルリーダー というように色々試した結果、どうやら色で多少の差は生まれることが判明。 まだ研究途中ですけど、変化はあるとだけ申しておきましょう。
yx_riken.jpg

次の潮周りになった時、色々な動きがみられると思いますが、先日の雨がどう作用してくるか。。。
楽しみです。


余談ですけど偏光グラスのお話。
ミラーレンズが流行っておりますが、確実に見る能力としてはノーマルより劣りますので、サイトの時期はミラーレンズはオススメしません。
この釣りは見えてなんぼなので(笑)
IMG_1306.jpg

同船者から学ぶこと!!

最近病んでるんです!!
ちょっと嚙み合わなくて~~

歯が!!!

どうもねぇ~ 挟まります(笑)


そんなことはどうでもいいですけど、噛み合わない度合いでいうとこっちの方が真剣ですね!
IMG_1295.jpg


まぁ釣りブログなんで釣りですよ!!
釣れる釣れないは自分の中で周期があって今年はどうやら釣れない周期に入っている感じ。

それを確認すべくレジッター西堂さんの船にお邪魔したわけですけど、自分とは練習の進め方や煮詰め方や練習時間などすべてにおいて参考になったし勉強になりましたね。

どちらがイイとか分かりませんけど、アクション一つにとっても全く違うので面白かったですね。
42464_6.jpg
それが西堂さんのやり方か~!!


ちょっと最近あがいている感がありますが、6月のJB戦にはすっきりした頭で臨めるようにしたいです!

TOP50遠賀川!!

先日TOP50が遠賀川で開催されました。
前の投稿であったように木曜日の雨をどう捉えるかが重要な1戦となりました。

土砂降り(上流が)&PHショックで魚が閉口してしまって、食べたくても食べれない、吸う力が極端に落ちて口からこぼれる等々、ショートバイト続出な状況へ変化してしまいましたね。

お口アーンしてもらってるのにうまく食べられない初々しいカップルと同じです笑

激タフ化した遠賀川は、各選手を苦しめます。
初日ウエイン60%くらいあるもののほとんどの選手が1匹止まり。。。
初日ノーフィッシュの中にワタクシの生徒も含まれていたので、夜に平野ノラよろしく 「しもしも~!」  ってやりました。
彼のHPがほぼなくなっていたので、、、
IMG_1097.jpg
ワタクシが 萌え萌えキューン!!
853294.jpg
っとベホマを掛け、ザギを授けます!

ザギを授かった彼はなんとなく釣ってくるだろうな って思っていましたが、2日目終了時点でワタクシのモシモシに入電。




IMG_1251.jpg

「TOPウエイト出せました~。 有難うございます」
ですって笑 ザギ恐ろしす笑

このザギの魔法。 春の濁りが底層を這っていく習性を利用したサブサーフェイスのゲーム。
濁りが避けれる、水深50~100cmの間で湧昇流が起こり得るスポット(水塊)にルアーを通していくというちょいと高度な考えで成り立つ釣りなんですが、それで当てれて3本ながら4800gという、まぁビックリなウエイトを出してくれました。

本人は小型のシャッドプラグを使用していたのですが、話を聞くともっと浅いレンジでも良かったように思いました。 因みにこのパターンで自分が良く使用するルアーはライブXスモルト。 マストなルアーなので中古で発見したら買ってるくらい溺愛ルアーの1つです。

まぁそんなことはさておき、流れが落ち着き思ったような湧昇流が出来なかった3日目はやっぱり苦戦。
それでも午前の早い時間帯で1匹1200gを釣りましたので、捲りに捲って2位までなる事ができましたね。



IMG_1115.jpg

佐々プロおめでとう!! だけど150g差で優勝を逃すのも勿体無い。 あと1本釣れるザギを授けれたら、、、そう思うと自分もまだまだ頭の体操が足りていないです。

次回は6月の弥栄ダムらしいです。





こんなことを長々書いてきていうのは可笑しいですけど、人の心配より自分の心配せぇって感じですな笑
~終~

TOP50初日!

未明から降り続いた雨は遠賀川の状況を一変させた。
この時期の濁り水は重たいので下を這う性質を持つ。

レンジの問題なのだが濁り水が入っていないところを探る必要があるように思う。

2日目の午前中は前日の流れで推移していくが、ごごからは回復傾向。 そこをうまく捉えられるか?? 

二日目の展望が楽しみだ!!

ジンクスミニスーパーブレード!!

jin.jpg
ここ最近の遠賀川ではマストアイテムであろうスピナーベイト。
水温12~13度というのは、躍層の関係からターンオーバーになりやすく、スピナーベイトが効きやすい状況下になるといえるでしょう。

ジンクスミニスーパーブレードの特徴として、回転軸が狭いとこが挙げられます。
回転軸が狭いというのはどういうことかと言うと、フィギュアスケートのジャンプやスピンを思い受かべると説明がつきやすいかと。。。
mig.jpg
ジャンプの連続写真を持ってきましたが、空中にある時(回転している時)は必ず手は胸元にあります。 
回転軸を体の中心に近づけることで、軸がぶれずに早く回転出来るという事なんですね~
blogger-image--1974698296.jpg

これをスピナーベイトのブレードに当てはめると説明が付いてきます。
スーパーブレードは、厚さを極限まで薄くすることにより、水の抵抗を減らして回転軸を狭くしました。
これにより水を掻く回数が増えて、タイトな振動で誘えるようになったわけですね~。

ここ数年ではスピナーベイトのコンパクト化とハイピッチ化が進み、ジンクススーパーブレードのような極端なスピナーベイトが表れてきました。
ただしこれはどんなルアーにも言える事ですけど、流行ではなく状況に応じたルアー選択が必要になってきますし、そこの釣り脳は鍛えておかなくてはいけない部分だと思ってます。


では紹介しているジンクススーパーブレードが春に効くのかというと、答えは限りなくNO!!
春のお目覚めバスは水押が強いタイプに反応することが多い為、タイトなバイブレーションでは気づいて貰いにくいのです。

DゾーンやクリスタルSなど強めのバイブレーションで誘える方が有効。

ジンクススーパーブレードはどちらかというとアフタースポーンに活躍しますね。
ですので春にこれを使うのは本当にハイプレッシャー化してフィールドのみ。



ルアーの長所がはっきりしている奴ほど、ロングセラーになりやすいので長所ををフィールドに合わせる釣り脳の特訓が重要になってきますよ~!!

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク