2017-03

Latest Entries

モグラモスチャターハイレブ!!

ハイレブチャター
新発売のハイレブ。



従来のモグラチャターに比べて、ヘッド形状が変わりました。



どう変わったか?というと、重心を前下方にもってくることにより、レンジキープやヘッドの水押しでワームが振動するようになりました。



モグラチャターでは先が尖っているのでどうしても浮き上がりがちでしたが、ハイレブではそんなことはなくレンジキープできます。
これはダウンヒルで探ることの多いボートユーザーにとっては大事なこと。 きっちり足元まで探れるようになっています。


もっとも大事なのは、ヘッドが水を受けることによってチドリにくくなっているという点!!

季節やタイミングによってチドリが全く効かないことがあります。
そんな時には、ZMANやバイブレータージグを多用していたのですが、ハイレブの登場で出番も減るでしょう。


トレーラーはシックルシャッドをこのようにカットしてセット。  まるで鯛ラバのスカートのようにブルッと小刻みに振動してアピールします。



チドリのモグラチャター。 チドらず水押しのハイレブ。 双方を使い分けることでチャターの世界がもっと見えてくるような気がします。

使い分け!!

ターンオーバー初期の北山湖は得意な方。

2年連続で優勝できましたが、今回の更新では使ったワームについて。
ウルトラスピードクロー

今年のマネーベイトはウルトラバイブスピードクロー。

秋雨前線の雨で急低下した水温では、水を動かした方が良いのでブルブル動かすこのワームが活躍しました。
去年のベイビーパカクローの違いは素材の柔かさにおけるバイブレーションのピッチ。


パカクローは大きく水を動かしてピッチは遅めなのに対して、スピードクローは水を動かす量を減らし、ピッチは速いのが特徴。

水温や水質の変化が大きければパカクロー、少なければスピードクローといった感じでしょうか??

今回は下流域中流域をメインに攻めていたので、水温の上下と水質の変化いう意味では少なかったのではないでしょうか。

意味合いが違うワームを用意できていたことが今回の勝因でしょうね。


あともう一つの要因は匂い(アトラクタント)!!
これに関しては、また違う機会に書きますね。

イグジストとカルディアKIX(旧)!!

どうも、半月に一回しか更新しない男 細川です。 皆様明けましておめでとうございます。
さほど期待されていないブログですのでね(笑) これまで通りつらつらと続けて行きたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

さてさて先日遠賀川に初釣り釣行行ってきましたが、スピニングリールの巻き感度について感じたところがありましたので書いてみます。

この時期の遠賀川の釣り方といえばワタクシ的にはシャッドプラグなんですが、今使っているNEWイグジスト2006と昔使っていたカルディアKIX(旧)では感度感覚がかなり違いました。


感度が良いと、メリットとして、プラグがどの層を泳いでいるかが判ったり、ボトムにタップする前が判ったり、魚のバイトが判ったりします。


重量が軽いNEWイグジストの方が、シャッドプラグを扱う上で感度が上がると思いますよね???

ところが実際使ってみると、重量が重いカルディアKIX(旧)の方が断然、感度が良いんですよ!!


実際NEWイグジストを使い始めて、シャッドプラグでバイトを感知できず、???の状態から魚だと気付いてファイトすることが殆どになってしまいました。

加えて今年の遠賀川は浚渫による砂の堆積が酷く、激しくボトムタップをすると釣れない為、例年以上に感度を求められるような気がします。


軽いイグジストが重いカルディアKIXに何故感度が劣るか考えたところ、「巻き感」の違いなんだと理解できました。
ダイワのスピニングリールがR4になったぐらいからギアの構造が変わったのがキッカケで、そこから巻き上げ力と巻き感だけはシマノのスピニングリールに近くなっていったように感じます。


しっかりとした巻き感のR4のリールでは、巻き感の軽い昔のリールと比べて感度が劣り、上記のメリットの殆どを感じにくくなってしまいました。

巻き感が軽い事により、良い意味で「遊び」が出来て感度が上がるという、ダイワの古いスピニングリールのメリットがNEWイグジストを使うことにより見えてきた、稀な発見でしたね!!

古いリールも用途に応じて使えれば、新しいリールよりも武器になってしまうので、そこらへんを考えてみて昔のリールを流用するのはすごくアリですよ~!!

次回の釣行から、シャッドプラグのリールは以前のカルディアKIX(旧)に戻し、バンバン釣って行きたいと思っております。

コイルキーパーフックの可能性!!

RIMG0640.jpg
最近のマイブームがコイルキーパー付きフックです。

先日のU-30という大会でも、このフックのお陰で4位に滑り込むことが出来ました。
当日使っていたのが、ワンナップシャッド4インチノーシンカーリグでして、それに一番あったフックが写真右の「ピアースフック」でした。

コイルキーパー付きフックの利点としては、ワームのズレにくさが一番の利点に挙げられますが、ワタクシの最も気に入っている点は、スナッグレス性能の高さ。
普通のオフセットフックですと、ワームをアイのクランク部分でホールドする為にクランク部分がストラクチャーに挟まったり根掛かりや絡んだりして、釣りの効率化を下げてしまいます。

ですがコイルキーパー付きフックですと、アイの部分がナローになっているのでストラクチャーへの引っかかりが劇的に減っていますね。
引っかかりがないということは、カバーフィッシングでのフォーリングやピックアップもスムーズに出来ますので、ストラクチャーに関わらず本来のワームの動きが続くということにもなるわけです。
RIMG0643.jpg
コレは先日の大会中に気付いたのですが、オーバーハングの木を乗り越える時にワームが横に倒れながら回避するので、姿勢変化でバイトを起こすような状況ですととても有効になると感じています。(先日の大会もこのタイミングでバイトが集中してきました)


逆に引っ掛けて誘うようなアクションの場合はオフセットフックが有効になるのでソコは臨機応変にフックの使い分けをしなくてはいけませんよ。(遠賀川の場合は引っかかりが重要なのでオフセットフックなのです)



RIMG0642.jpg
まだ可能性を秘めているように感じるコイルキーパー付きフック、、、フック形状の幅が少ないので、まだまだ進化の余地ありですね。

目からウロコのナイロンライン!!

皆様お久しぶりです。 最近はちょこちょこ釣り行っておりますが、なかなかの貧果っぷりを発揮しておりまして、ブログにするほどでもないな っと感じておりました。

そんな貧果から得た事というと、巻き物のナイロンラインによる有効性についてです。
考えるキッカケは、数年前のエリートシリーズで見せたケビンショートのカバークランキング!!
RIMG0557.jpg

温かい雨が降った2月後半くらいから、グラススピニングで使ってきましたが正直目からウロコの発見が多々ありました。

特に太めのナイロンラインについての発見ですが、フィールドコンディションに合せてナイロンラインを投入できるとかなりの武器になりますね。



ここ2年で急速に発達してきた「ベイトフィネス」の理論に通じるものがありますが、特に姿勢の保持に関してはナイロンラインの方が絶対有利だと確信しましたね。



ナイロンラインが持つ浮力はルアーの進行角度や姿勢を平行にもっていけるので、魚にアピールし続ける事が出来るように思います。


リーリングベイトに関して言うと、キャストして手元に来るまででバイトする点が決まっており、その点は姿勢が平行に変化する点でもあるので、ルアーの姿勢が平行になっているというのは実は大事なんでしょう。





忘れ去られている感が否めないナイロンラインですが、フロロラインと併用して使う事で巻き物の能力を数%あげることが出来ると思いますので、皆様も巻き物のナイロンラインを試してみてください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク