2017-03

Latest Entries

ジックリと~!!

IMG_2273.jpg
本日も遠賀川下流で昼2時までのブランチフィッシング。
見ての通り、べた凪です。 このような日はタイミングが非常に取りづらいのと、魚のやる気スイッチが入らないことで有名ですよ。

ひる14時まで釣る作業に没頭したのですが、フックアウトによる1ミスで本日は終了。  まぁ魚を手にしている日でもチャンスをミスなくモノにできているだけなので、本日は逆だったということでしょう。   ミスの原因は突き止めているので、そこの修正を確実に行います。

べた凪の本日は、色々な要因をみてワームでネチネチ。
IMG_2277.jpg
イールクロウラーと行きたいところですが、スワンプクロウラー(旧型)を使用して誘ってきましたね。   旧型はそもそも素材が違うので、イールクロウラーとの使い分けが出来てしまいます。

ズルズル&シェイクを繰り返してアタリどころでステイするのが基本。
水温がまだ10度台なので、リアクションに振れることな食くわせが良いみたいですよ。


今後の展開等考えながらな本日の状況でした~

スピードとリアクション!!

IMG_2264.jpg
遠賀川下流にて初釣りです。
画像の通り、2016年初バス拝めております。
使ったルアーは フルメタルソニック です。  がしかし今年は暖冬のお陰か、この時期にしては水温が異常に高く10度台で推移しています。    水温がしっかり下がらないと春の行動パターンに狂いが生じるのでじつは厄介です
そんなこんなでこの魚も無理やり釣った感が否めませんね。  本来であるとフットボールジグのスピードリアクションが良いはずですし。

FullSizeRender - コピー (3)
年末釣行のビッグ。 3/4ozのウエイトがキモです

年末釣行でメタル系をやりこんだことにより、スピードとリアクションに関して少し理解できた部分もあります。

それは水温変化による活性の違いですね。  人間も急な気温の変化に敏感であるように、魚はそれ以上に水温変化を感じているように思いますね。
水温が仮に5度台などで低くても、安定していればそれとなく捕食活動はするし、比較的釣りやすいように感じます。
それよりも10度台から一気に7度台とか そういう急な水温変化に弱く、活性が著しく低下するでしょう。

メタルが効く条件というのは、後者のような急な水温変化が起きた場合に効くことが多く、年末年始の安定した条件化ではメタル系ルアーが効きにくい状況だったとおもいます。
水温変化が大きくない状況では上記のようなフットボールのボリュ―ムがあるリアクションが効いちゃいますね。

水温低下が見込める天候を逆算して、メタルを投入することで効率の良い攻めが出来てきますよ~。
FullSizeRender - コピー (2)

今回の年末釣行でお勉強の題材にしたメタルバイブ達。 上のフルメタルソニックとイマカツのチタンバイブを含めたルアー達でお勉強できました。
この中でもお気に入りなのは、フルメタルソニックとサーキットバイブ ですかね。
違いはフォールアクションの違いで、フルメタルソニックの垂直フォール。 サーキットバイブのダートフォール  です。

バーチカルに攻める場合や狙うストラクチャーによってどちらかを決めていくといった感じですね。


本日の初釣りは納得いくものに遠かったので、連休最後の明日も遠賀川に浮かんで修行積んできます。  幸い明日から冷え込んでいくらしいのでメタルバイブがより効いてくること間違いなしですわ~!!

小野湖釣行!!

GWを利用して小野湖へ行ってきました。
小野湖地図

エレキモーターのフィールドとしては広大で、なかなか面白いフィールドと言えるでしょう。
過去数度訪れたことはありますが、ワタクシは相性がよく良い釣りをさせてもらっているフィールドの1つです。

今回の釣果は1本でしたがサイズが、、、
バス持ち

バス

50cmオーバーでしょう!!


下流域のワンド流れ込みで釣れた魚なんですが、よく観察すると半プリ状態が伺えます。
広大なフィールドですと、上流域と下流域で季節の進行が違ってくることが多々あるのですが、小野湖もまさにそれ。
下流域で半プリ状態ということは、上流域ではミッドからアフター入りたてで基本口を使うことが少ないのです。

そこを考えずにやってしまうと痛い目を見る典型的な日となりまして、ボートではノーフィッシュ!!

勉強になりましたね。 エレキフィールドですのでスタートを間違えると取り返しがつかなくなります。

ゴージャスカバー
アメリカンな釣りが可能な湖岸。 今回は不発でした。


厚東川ダムと言われるだけあって地形のほとんどは厚東川の地形。  別に太田川という大きい支流があるのですが、湖の地形は小野湖では稀な地形で、まだ開拓の余地が十分残されているように感じました。

もう少し通っていくともっと見えてくる部分があるフィールドなので今年中にあと1回は行きたいと思います。

先週末の報告を!!

今週に迫ったJB戦のため、土日の2日間を利用して釣り行ってきました。

釣りをするのはTOP50選手のボートに乗っていたので3日ぶりとかでしたが、久々の1人釣行でしたので、アレコレ自分で考えれて動けますね~。 人それぞれあると思いますが、やはり一人釣行の方が自分に合っているんだと気付かされた釣行でした。



さて遠賀川の釣行でしたが、連日とも悪くない印象で終えました。 沖地形のクルーズと護岸帯のクルーズをミックスで考え、タイミングを合わせるような釣りでしたが、今週末の試合ではどうかな??



一つの判断材料は水位変化。 減水していた川ですが昨日の雨である程度水位が戻っている様子。
しかし本格的な減水はこれからですので、ここから減るのか?はたまた雨で増えるのか?


それを加味しながら今週末の釣りを考えていってます。

山籠りの成果は~!!

金曜日から本日までプロ戦の練習の為、滞在しておりました。  まぁ本日はチャプター運営のお手伝いの為、実質 金土 の2日間の練習となりましたね。

練習にするあたって、釣れる北山湖のイメージを排除していく方が考えて動けましたので、この練習法は今回の練習には合っていたような気がします。

RIMG0734.jpg



来週の日曜日が本番なので、コレを元に天候と相談しつつ釣り方を構築していきましょう。


今大会、年間獲るためには凌がなければいけない大会だと思うので最低でも15位前後で終えれるよう、体調管理等 万全を期して望みたいと思います。


«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク