2017-08

Latest Entries

第6回!!

昨日は、すいません。 気を取り直して第6回のミニコーナー書きます。

今回のお題は『何故ネコリグは釣れるのか!!』

200711302014000.jpg


ネコリグが、トーナメントシーンにてウイニングルアーになる時がしばしば有りますが、何故釣れる(魚に見破られない)のでしょうか!?

ルアーを考えていくときに、ワタクシが考えるのは「そのルアー特有の魚に見破られない何か」があるのではないか!?
「動き」「波動」「音」「色」 いろいろあると思います。。。

そういうことを考えていくと、今回紹介する『ネコリグ』というのは、どんな要素で釣れるのか。。。

ワタクシ考えますに、くの字の時と真っ直ぐ落ちる時の「波動の緩急」で魚にアピールしていると考えます。


くの字(シェイク時)の時の動きをよく観察すると、フックを境にワームの上と下では違った動きをします。
200712011323000.jpg



魚にとって、瞬時に1つの波動を理解するのと瞬時に2つの波動を理解するのはどちらが大変でしょう。

答えは、勿論後者ですよね!? フックを境に違った動き(波動)を出すネコリグ、、、魚に対して、くの字のときは「絶えず細かい、2つの違った波動」でアピールしているんです。


そこで次に問題になるのが、フォールの効果。
200712011324000.jpg



くの字の時は、『絶えず細かい、2つの違った波動」と書きました。
では、フォール時の波動は??どうなんでしょう。


ネコリグのフォール時を見たことある人はいると思いますが、真っ直ぐスゥーーっと落ちていきますよね、、、そう考えると、くのじの時のような波動は出していないと考えるのが普通です。 

ネコリグのフォール時は、ほぼ波動を出してないと考えてもらって構いません。


ここまでの説明で、シェイクとフォールでは、波動の強弱があると書きました。

これは、例え話ですが、、、野球やってて150キロくらいのストレートしか投げない投手と、130キロのストレートと80キロのスローボールを投げる投手がいたとします。

さあ、どっちが打ちづらいでしょう!? どちらの投手が球筋を覚えにくいですか!?

ワタクシ思うにそれが、ネコリグが釣れる最大の理由??なんではないかと。。。


では、ここからはその波動の強弱をつけるための道具をご紹介。

まずは、ネイルシンカー。
ワタクシが愛用するのは、レインさんの「TGネイルシンカー」2、2gと1.8gの重めの重さ。
スワンプクロウラーには、1,8g。 フィネスワームには2,2g

200712011429000.jpg


フックの刺し方は、ロールアクションを出したいので縦刺し。
200711302212000.jpg


アクションの付け方が重要で、くの字の姿勢を長くとりたいので、普段のシェイクでは無く、強く持ち上げるイメージ。エギシャクリを弱くした感じでもちあげて、ロッドを素早く倒す。

ロッドアクションで緩急つけるようにイメージしてください。


魚がバイトするのは、「持ち上げた直後のフォールか」、「フォール後の持ち上げる瞬間」によく出ます。
バイトするタイミングで、その日の魚の活性なんかも解るのですが、それはまた別の機会にでも書きたいと思います。。。


今回のこのミニコーナーに関しては、ネコリグに限らずいろんなリグにも応用が出来ると思います。
それぞれのリグにはそれぞれ釣れる理由があって、実は釣れる理由は近いところで結ばれています。。。
今回書いたことは、釣れる1つの理由でしかありません。
残りはワタクシ含め、皆さんで探してくれればいいんではないでしょうか!?


第6回のこのコーナー、今回は『ネコリグが何故釣れるのか!!』を波動の緩急という点から斬っていきました。。。毎回書くことですがあくまでも自論なんで、流し目スタイルの閲覧でお願いします。
そして、このブログが皆さんの参考程度になれば幸いです。

それでは、第7回のその時まで、、、失礼します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ito3.blog115.fc2.com/tb.php/72-cfdb590d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク