2017-05

Latest Entries

イクラとスジコ!!

明日は、半月ぶりくらいのまとまった雨の予報ですね~。

雨も適度に降ってもらわないと困ります、、、雨が降らない影響と田んぼの水入れの影響で、遠賀上流は約40cmの減水。 スポーニング時期の減水は、遠賀上流の魚にとって産卵に適した場所の減少に繋がります。
ただでさえ、ウエイクボードが毎日出ていて底荒れ&ショアの濁りが酷いので、まとまった雨に期待です!!


ここ最近の大潮の影響で、産卵を終えた魚が遠賀で釣れだしたとの後輩情報。 ワタクシの見解では、まだ産卵していないと踏んでいるのですが。。。

イクラとスジコの話って知ってますか??

イクラは粒々の卵で、スジコは卵が固まった状態です。←明太子を想像してください。

スジコは、お腹に入っているのをそのまま取り出した状態です。 対して、イクラは膜が破れて粒々の状態。
産卵は粒の状態で出てきますから、魚は産卵する前にスジコからイクラの状態にしないといけません。
ではどうやってするのか?? とあるDVDではお腹をボトムに打ち当てて、産みやすくするって言ってました。  まさにこの行動がスジコからイクラにする作業だと思います。

アフターの魚は、お腹の鰭やお腹に傷が入っているのが当たり前ですし、尾鰭の下も傷ついてます。
産卵を終えたという魚の画像を見てはいないのですが、半信半疑でゴザイマス。


最近遠賀上流に行ってますが、プリのどの魚も卵の量が少なく感じます。 産卵に絡んでいない魚も多数釣りました。
「種の保存」の観点からいくと、ブラックバスという魚が上流で増えすぎているのでしょうか。。。
魚は自分達で種の量を調節すると聞いていますので、今後どうなっていくか楽しみですね~。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク