2017-08

Latest Entries

第22回!!

22回目になりました、この自虐的なこのミニコーナー『自分で自分の首絞めます』。
なにやら外野がソワソワしていますが、自分がやる事出来る事も限られているので気にしてはいられません。 それに言える立場でもないので。

そんなこんなで今回のお題『ラインの太さについて』
ラインについては、このミニコーナーでも一回取り上げております。→コチラ
今回は太さによる作用について、つらつらと書いていきます。

最近「スピンクランキンシステム」という釣りが流行りつつあります。 ただ単にスピニングタックルでクランクベイトを引くという、釣り方です。 ワタクシを良く知る方なら知っているかもしれませんが、昔からやっていた釣り方でここ最近、漸くフューチャーされてきた事に喜びを感じております。 話は逸れましたがこの釣り然り、普通のワームの釣りも意外にラインの太さを、本気で気にしている人は少ない様に感じます。

スピンクランクというワードが出てきたので、この釣りにおけるラインの太さの重要性も絡めながら書いていきます。
皆さんはラインの太さというのを、どういう基準で選んでいるのでしょう?? 釣り方でしょうか??
フィールドでしょうか??

ココ最近グラススピニングでクランクベイトをやる事が多くて、あるときラインの太さを変えたら全然釣れなくなったという事態に陥った訳です。 具体的に書くと3LBから4,5LBへ変更したんです。
4,5LBにしたという事は、ラインが受ける接水抵抗も増えるので、ルアーの潜行深度も浅くなりますが、それだけで釣れなくなる要素とはならない気がしました。
何故かと言うと、狙っていたのは水深1m前後で4,5LBでもルアーがタップしていたからです。

ここで疑問が生まれます。 「じゃあ何が釣れない要因なの?」っと。

ずっとやっていく上で、リトリーブ中にある変化が生まれているのに気が付きます。
それはルアーがボトムにタップした際の感覚です。

今までは、ボトムにタップする前にボトムの存在も分かっていましたがそれも分からず、タップしても動きが死んでいる感覚を覚えました。

これが釣れない要因の全てでした。 だってラインを元の太さに戻すと釣れるんですから。

じゃあラインの太さを変える事で出てくる作用って何でしょう?


1つは潜行深度であともう1つはルアーの動きが変わってくるという事です。


自分は後者の要素の方が強いと感じます。  ラインは細くなればなるほど動きは大きくなって、太ければ動きは小さくなると思っております。

これが理解出来ると、その日の状況でラインの太さを考えないといけない事が分かってきますよね。

自分が通っているフィールドのバスは大きい動きのクランクベイトに反応していたという仮説が立つのです。大きい動きに反応する=この日は魚のCPUが作動したばかりの魚=早春のお目覚めバスちゃん、、、という式が成り立つ訳です。

皆さんが通われているフィールドではラインのどの太さが有能となるのか??こういう事から魚の活性を紐解いていくのも、楽しい作業となるでしょうね。


これはクランクベイトに限らず言える事です。 ラインメーカーによっても違いますし、もっと言うとロッドの違いも大きな釣果の違いに繋がります。

一つ例を出すと、最近の北山湖。  ジグヘッドがこの時期有能なんですが、ラインメーカーの違いとロッドの軟らかさで釣果に大きな差が生まれているように思います。

自分が感じるのは「6年前の北山湖」。 このときのロッドアクションや考え方をリンクさせる事で釣果の違いが出ています。

詳しくはまた別の機会に書くとして、ラインの太さの違いでアクションが変わるという事だけでも覚えて頂けたら幸いです。


状況もコロコロ変わります。 ラインを細くすると良くなるというのは、勿論逆の事も言えます。 事実太くする事で得たバイトも多数あります。

全てはその時の状況。 それに応じてラインの太さも変えていく事が重要です。




今回のこのミニコーナーは「ラインの太さ」を動きの変化という点から書いていきました。 中には当然知ってるわ!!て言う人も居られたでしょうが、そこは復習という事でよろしくお願いします。

毎回書きますが所詮自論、、、この記事も流し目スタイルのルックルックで調度良いと思われます。
皆様が少しでも参考になるならっと思い書かせていただきました。

今は暗い業界ですが、23回のその時には明るい気持ちで書けるように。。。 ではその時まで失礼します。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク