2017-07

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回!!

どうも、HGです。 今日はミニコーナーの日です。
21回目の『自分で自分の首絞めます』のミニコーナー。 花粉に負けないよう気合で書いていきたいと思います。

今回のお題は『セクシーシャッドについて』
DSCF0741.jpg

このスコブルクランクもよく見れば『セクシーシャッドカラー』ですね。
このコーナーを書いていく上で最初に書いておかなければいけない事は、今から書くことが本当の事ではないのかも知れないって事です。  何故かと言うと、学術的にも本当の事が突き止められていないからです。 その点を踏まえて、今回のミニコーナーは特に話半分、流し目スタイルでお願いします。

このカラーを語っていく前に、先ず魚から見るモノの見え方を考えていかなくてはいけません。  ここが今回の最も難しい点でございます。

ワタクシ達人間はこの色を『青』『白』『黄色』の組み合わせで出来ていると認識出来ますが、果たしてお魚さんはどうなんでしょうか??
お魚さんの視力は一般的に0.1~0.2程度で、ハッキリと識別出来るのは2mくらいまでらしいです。

難しいのは色盲か??そうで無いのか??と言う点。  イカなんかは色盲ですが、色の濃淡で色の判断をしているみたいです。ブラックバスはどうかと考えていった時に、結論に至ったのは限りなく白黒の世界に近いという事。

ただ色覚もあるという説もあるので、なんやワカランですね。

んで今回は仮に色盲(色の濃淡で色を判断)だったら、このカラーはどう見えるのか??という方向でお話を進めていきたいと思います。


ここから本題です。 前フリが長くてすいません。。。


ではこのカラーを魚の視覚から見るとどうなるか?
DSCF0746.jpg

WHAT?? 黄色のラインが一番目立ちますね。 青が目立つと思いきや、黄色が目立ちました。

白黒モノトーンにしていくと、黄色は目立たないカラーになるのにコレは目立ちましたね。
では次にセクシーシャッドに似ている他のルアー、「エギ」で見て行きます。
DSCF0748.jpg

仮に色盲だとこれもブラックバスと同じ見え方だと思います。
DSCF0735.jpg

これまたWHAT!! 今度は黄色が目立ちません。

これはどういう事なんでしょうかね。 同じ黄色ラインなのに色の違いが出るなんて不思議でしょ。
モノクロにすると黄色は目立ちにくい色になるので下地の色とか関係しているのか?? それとも多用していくとこうなるのでしょうね。


このモノクロのお話はちょっと置いといて。 流行の元となったKVDが行ったセクシーシャッドチューンについて詳しく書かれているであろう記事を見て行きます。
それには「蛍光イエローペンでKVDがチューニングしている」と書かれていました。

ここでワタクシ的に「ムムムッ!?」となってしまうわけですよ。  ワタクシが引っかかる点は『蛍光イエロー』というとこでして。

蛍光色というのは紫外線を反射する色として、色彩学では知られています。
蛍光色=紫外線を反射する色を塗ると言うという事は、お魚さんの目にとって刺激が一番強い色を塗るという事と同じになってきますよね。
ノーマルの黄色と蛍光色の黄色では見え方が当然違って、蛍光色の黄色がアピール大になります。
先に載せた2つの黄色は2つとも蛍光色なんですが、白黒になると1つは見える黄色になって、もう1つは見えない黄色になってます。

KVDがどんなペンを使用したか謎ですが、蛍光イエローを使用したという事は、キシミーチェーンの地形的特質、水色を含めて、視力の弱い魚にどれだけのアピールが必要であったことが伺えますね。


さてさて、次に何故ロール系のルアーにこのカラーが多いのか。。。
前にも書いたかも知れませんが、ワタクシは「色の明滅効果」でバイトしている場合が殆どではないかと思ってます。
波長が最後まで残る紫外線のラインが、アクションと同時にアピールしているのですから、この手のカラー(少なくともKVDが使ったカラーは)はアピールカラーと言えます。

ロールアクションで蛍光ラインが見えたり見えなかったりする(明滅効果)ハズなんで、それはお魚さんも堪らないのではないのでしょうか。



バス業界を見ててとてもセクシーシャッドブームですが、この考え方で行くと日本に多いクリアステインレイクで効くようなカラーでも無いし、とても万能カラーとは思えません。

皆様方が行くフィールドがどんなフィールドなのか?考えてこのカラーが有効活用出来れば、更に釣果は伸びると思いますよ!!  因みにワタクシは時間限定で使っています。 その時間とは、朝マズメの早い時間と夕マズメ。 切り替えるヒントとして、夕マズメは太陽熱を感じにくくなった時間からです。
頭が良い人なら何故か分かると思います。


今回のお題は「セクシーシャッド」というカラーを魚からの見え方から書いていきました。
色の理論はワタクシはこういう考え方で見ていってます。  多分イカ釣りでもこういう考え方が出来るし他に応用が利くのではないかと思い書かせていただきました。


毎回書くようですいませんが、あくまでも自論なんで流し目スタイルの閲覧で調度いいかと存じます。

では22回のその時まで失礼します。。。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。