2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回!!

更新が2日遅れで申し訳ありません。

17回目の『自分で自分の首を絞めます』のミニコーナーです。

今回のお題は『ソフトルアーの動き』についてです。 今回のミニコーナーに際して、どの動きが悪いだの、書くつもりは全くございませんのでよろしくお願いします。

それでは、ミニコーナーのスタートです。

ソフトルアーの動き = ワームの動きなんですけども、最近はホントに凄い動きのするワームが増えてきましたね。 ワタクシはどちらかというと流行りに疎い人間なんで、初めて見てビックリすることが多々あります。
見た目が超リアルに出来ているワームも増えてきましたよね。

但しそれが必ずしもスタンダードになりえないのが怖いところでございます。

ガイドのお客さんとも話しの流れで、とあるワームについて話があがったんですが、、、
『最初はメッチャ釣れたけど、最近はあまり釣れないんですよね~。』 って言ってました。

このワーム確かに、見た目凄い良い動きをするワームですが、お魚に飽きられる?見切られる?動きなんでしょうね。

この話を聞いてて思ったのは、「人間様は釣れるんだけど、お魚さんは釣れないんだなあ」って思っちゃいまして。。。


では、人間の目で見る良い動きが、お魚さんにとってホントに良い動きなんだろうか? ってなりますよね。
魚さんと人間様では、目の構造も違うし、モノの感じ方は勿論違います。  

そうだったらお魚さんにとって魅力的な動きは、人間様の目で見る動きと違って当然と言えるように思います。


ではどのような動きが、お魚さんにとって魅力的であるのでしょうね。
その謎を解く鍵は、昔から今でも発売している道具に隠されているんではないかと。。。

新しいものが出ては消えていく釣り業界において、昔からずっと発売されているモノに、特別な動きがあると感じずにはいれません。

多分、ハードルアーにも同じ事が言えるんでしょうけど、今でも現役で売られている意味は、お魚さんにとって魅力的な動きがあるんでしょうね。


ワタクシはそれを、、、『エコギア』 『ズーム』 『ゲーリー』 のワームに教えていただきました。
商品名を挙げると、エコギアストレート、ミニタンク、エコギアグラブ、エコギアシュリンプ、、ミートヘッド、ブラッシュホッグ、、4グラブ、カットテール、ワッキーワーム、ジャンボグラブ 等々。
上げたらキリないんですけど、釣れる動き、釣れない動きを学びました。


共通として釣れるものは、動はタイトバイブレーションで、静は自発的に部分が動く事です。
スワンプクローラーやバークレーのマイクロクローラー、サターンワームも根っこは同じ動きです。

そう考えていると、バスはバス。 昔から好きな動きも系統は変わっていないということになりますね。

形もヘンテコなものが多く、リアルに造られているモノが釣れるとは限りません。  だからバスフィッシングは面白いんでしょう。


今回は手抜き??いやいや重要な事を短く書いたらこうなりました。
今回のミニコーナーは、ワームの動きに対して古いワーム(今でも売っているワーム)を引き合いに出して書いてみました。

全て正解なんて事はないしあくまでも自論ですので、ソコは毎度毎度のチラ見スタイルでお願いします。

それでは、18回のその日まで失礼します。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。