2017-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回!!

第9回のミニコーナー 今日のお題は

                     『ラインの使い分けについて』
                                       です。 早速書いていきましょう。

ラインでも、フロロラインやナイロンライン、PEラインなどの種類がありますが、今日はメーカー別フロロラインの使い分けについて書いていきます。

各メーカーさんにより、同じフロロラインでも若干の違いが見られるようです。 伸びない硬いフロロラインからしなやかで軟らかいフロロラインまで多種多様です。

メーカー別に書いていくと、、、

伸びない硬いフロロライン= Tレ Sライン Dエル
しなやかで軟らかいフロロライン= Eグリーン Bバス 
など大手ラインメーカーはこのくらい。。。


このタイプの違うフロロラインを釣りのリグ別で使い分けることで、少しではありますが釣果に差が出てくるようです。

伸びない硬いフロロの長所は、感度がイイ。 アクションがダイレクトに伝わるという長所を持ちます。
シャッドやジャークベイトなんかは、ダート幅が変わったりするのでこの手のフロロラインをオススメします。  あとは、ディープウォーターのボトムの釣りなんかも、硬いラインの方がアクションが付けやすいですね~。

短所は、伸びない硬いがゆえに中層のレンジキープがしにくい事。 コレに関しては、ワタクシの実験結果ですから『下らん事言ってるよ、バカじゃない!!』って思ってもらって構いません。
中層の釣り(ミドスト)をやっていると、どうもラインが水を切っている=リグが動いてない ように感じます。
硬いので、ラインが受ける抵抗(水圧等)が少ないのではないか っと考えているんですがDOなんでしょうね。


しなやかで軟らかいフロロの長所は、硬いフロロの短所の逆。 レンジキープがしやすい事に尽きます。 この手のタイプはラインが適度に水を受けてくれますので、レンジキープを必要とするミッドストローリングには最適なラインと言えます。

短所は、ダイレクトにアクションが付けづらい点です。 適度に伸びるので、アクションのキレを出すのには向いてないのかも知れません。


このようにフロロでもメーカーさんによって違いがあるので、自分の釣りに合ったライン選択も楽しいかも知れませんね~。
ワタクシの場合、中層を扱う釣りにはBバス、ボトム系の釣りにはTレという使い分けをしています。

ただ、フロロを選ぶ基準は意外に『水温』で変わるという事を付け加えておきましょう。 粘性が変わるとアクションも変わりますからね。。。


第9回の『自分で自分の首絞めます』のミニコーナー、いかがだったでしょうか。
あくまでも自論ですし、流し目スタイルの閲覧でちょうどイイくらいだと思われます。

皆様の参考程度になればと思い、書かせていただきました。

それでは第10回のそのときまで、、、失礼します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ito3.blog115.fc2.com/tb.php/119-64521b95

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。