2014-05

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モグラモスチャターハイレブ!!

ハイレブチャター
新発売のハイレブ。



従来のモグラチャターに比べて、ヘッド形状が変わりました。



どう変わったか?というと、重心を前下方にもってくることにより、レンジキープやヘッドの水押しでワームが振動するようになりました。



モグラチャターでは先が尖っているのでどうしても浮き上がりがちでしたが、ハイレブではそんなことはなくレンジキープできます。
これはダウンヒルで探ることの多いボートユーザーにとっては大事なこと。 きっちり足元まで探れるようになっています。


もっとも大事なのは、ヘッドが水を受けることによってチドリにくくなっているという点!!

季節やタイミングによってチドリが全く効かないことがあります。
そんな時には、ZMANやバイブレータージグを多用していたのですが、ハイレブの登場で出番も減るでしょう。


トレーラーはシックルシャッドをこのようにカットしてセット。  まるで鯛ラバのスカートのようにブルッと小刻みに振動してアピールします。



チドリのモグラチャター。 チドらず水押しのハイレブ。 双方を使い分けることでチャターの世界がもっと見えてくるような気がします。
スポンサーサイト

小野湖釣行!!

GWを利用して小野湖へ行ってきました。
小野湖地図

エレキモーターのフィールドとしては広大で、なかなか面白いフィールドと言えるでしょう。
過去数度訪れたことはありますが、ワタクシは相性がよく良い釣りをさせてもらっているフィールドの1つです。

今回の釣果は1本でしたがサイズが、、、
バス持ち

バス

50cmオーバーでしょう!!


下流域のワンド流れ込みで釣れた魚なんですが、よく観察すると半プリ状態が伺えます。
広大なフィールドですと、上流域と下流域で季節の進行が違ってくることが多々あるのですが、小野湖もまさにそれ。
下流域で半プリ状態ということは、上流域ではミッドからアフター入りたてで基本口を使うことが少ないのです。

そこを考えずにやってしまうと痛い目を見る典型的な日となりまして、ボートではノーフィッシュ!!

勉強になりましたね。 エレキフィールドですのでスタートを間違えると取り返しがつかなくなります。

ゴージャスカバー
アメリカンな釣りが可能な湖岸。 今回は不発でした。


厚東川ダムと言われるだけあって地形のほとんどは厚東川の地形。  別に太田川という大きい支流があるのですが、湖の地形は小野湖では稀な地形で、まだ開拓の余地が十分残されているように感じました。

もう少し通っていくともっと見えてくる部分があるフィールドなので今年中にあと1回は行きたいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。