2012-04

Latest Entries

ポストスポーニング!!

久々の更新ですね。
ポストスポーニング
ヒレのギザギザ感、、、ポストスポーニング真っ盛りですね~。
腹ビレの下と尾ビレの下が削れているのが産卵を行なった証拠。 画像で分かりますよね。 この魚はあともう一回卵を出すようです。


週末に遠賀川で試合があるので、今日から出ていますが、ムラムラしっぱなしでルアーに興味を抱いてくれない状態にあるので、ゆっくりとした釣りを心掛けています。


次の大潮が産卵のピークになると思うので、バシバシ釣れるように練習あるのみです!!

3mな北山湖!!

約1週間ぶりのご帰宅で、愛犬のダイエット活動の成果にビックリしてしまいました。 見違えるほど痩せてましたからね。




さて、昨日今日と北山湖にお仕事で行っておりまして、なにかと春を感じることが出来ました。

ヘラブナが叩いていたり、田んぼの水が入って黒濁りしていたり、見えバスが居たりと、春の水中行事は着々と進んでいっている模様ですし、ワカサギの群れも目視できているので、今年はより無視できない存在になっているご様子です。



ただ釣れるレンジは蓋をしたかのように相変わらず3m!!





今年の2月からこの流れは変わっていなく、中途半端なレンジのプリスポーンを釣る術をあまり持たないワタクシは、相変わらず絶不調。

産卵するまでこの苦手意識は消えないでしょうから早くプリプリと卵を出してもらい、早く違う展開が見てみたいものです。





昨日今日と北山湖に出たお陰で週末の大会に出られず残念ですが、出られる方は頑張ってください。

目からウロコのナイロンライン!!

皆様お久しぶりです。 最近はちょこちょこ釣り行っておりますが、なかなかの貧果っぷりを発揮しておりまして、ブログにするほどでもないな っと感じておりました。

そんな貧果から得た事というと、巻き物のナイロンラインによる有効性についてです。
考えるキッカケは、数年前のエリートシリーズで見せたケビンショートのカバークランキング!!
RIMG0557.jpg

温かい雨が降った2月後半くらいから、グラススピニングで使ってきましたが正直目からウロコの発見が多々ありました。

特に太めのナイロンラインについての発見ですが、フィールドコンディションに合せてナイロンラインを投入できるとかなりの武器になりますね。



ここ2年で急速に発達してきた「ベイトフィネス」の理論に通じるものがありますが、特に姿勢の保持に関してはナイロンラインの方が絶対有利だと確信しましたね。



ナイロンラインが持つ浮力はルアーの進行角度や姿勢を平行にもっていけるので、魚にアピールし続ける事が出来るように思います。


リーリングベイトに関して言うと、キャストして手元に来るまででバイトする点が決まっており、その点は姿勢が平行に変化する点でもあるので、ルアーの姿勢が平行になっているというのは実は大事なんでしょう。





忘れ去られている感が否めないナイロンラインですが、フロロラインと併用して使う事で巻き物の能力を数%あげることが出来ると思いますので、皆様も巻き物のナイロンラインを試してみてください。

最近の北山湖!!

ワタクシには一切振り向きもしない佐賀県北山湖の魚、、、正直迷走状態突入しちゃっております。



先週日曜日は『U-30』という30歳以下しか出場できない大会に出てきましたが、ノーフィッシュでした。
これでプロ戦から3戦連続で試合はノーフィッシュでして、お恥ずかしい限りでございます。




例年とは違い、固まるべき場所に留まっていない、かつ動きが早い印象がありまして、釣りの方も魚の回遊を待っているだけではダメな展開が非常に増えていますね。


これが何に起因しているかは分かりませんが、地形変化による流れの分散にあるのかもしれません。


チャンネルラインがきっちりあって、流れが「放水時」と「通常時」とも分かりやすく流れているほうが、魚の方も固まるハズですからね。 

毎年秋~冬に掛けて同じ水位に落とすので、その時の水位による砂の堆積が酷く、チャンネルラインが埋まっています。 その分その地点で流れの分散が起きるので、越冬するエリアにズレが起きており、今の状況を引き起こしているものだと推測しています。



ここ数年で最も手を焼いている北山湖。 釣ってきている人を見ていると、ポイントに留まるより広範囲に拾っていった方が良いように思いますので、今更遅いかもしれませんが今後は反省を踏まえまして拾っていく釣りにシフトしていきたいと思います。



次回の大会は22日の福岡チャプター。  蘇る事が出来るのか!? はたまた0で終わるのか!?  良い準備をしたいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク