2011-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジグトレーラー概論(エコタックル篇)!!

RIMG0222_convert_20110430184711.jpg
普段の試合でジグを選択する場合に使用するトレーラーについて考えてみました。
エコタックルの中にチャンク系トレーラーが無いのは残念極まりないのですが、主にこの3つを使用しています。
上から

ワンナップシャッド3インチ

ダットカット3インチ

ベイビーブラッシュホッグ

狭い範囲内で使ってきましたが、今はこの3つにおちついています。
自分の場合コレで釣りたいから投げるということは無いので、必要に応じておのずとそうなるといったことのほうが多いです。
魚がどのようなポジションで居てどのようなアクションに興味を持つか。。。
上の2つは主にスイミングで使用。 コレの使い分けはダートさせるかさせないかの違いですね。

よく中層で使う場合にイメージとして、上にはね上げさせるイメージで使っている人が居ると思いますが、シャクった時によく観察してもらうと左右にダートしているのが分かるかと思います。
自分のイメージでは水中でドックウォークしているイメージです。

ワンナップシャッドを使うと水中でダートが起きやすいのでこのアクションが効く時期に主に使用しています。 左右にダートするのできつい濁りが入った場合に、バスの視界から消える事があるので濁りが入った時にはあまり使用しないようにしております。

そんな時はダットカット3インチを使い、左右にダートさせないようにします。 パーツが多くあるので、水を受けてダートしないということですね。
これはシャクルというイメージではなく、優しくラインテンションを抜いてあげる事が大事。 そうすることで、ジグがその場でロールアクションを起こし、バイトさせるキッカケを作ってあげています。 この間の試合はこれでしたね。 これの参考になったのは2009年のバスマスタークラシックでジェイミーフラリックが行なっていたスイミングジグパターンでした。 春にはあまりシャクってはいけないと、映像を見て教えられましたね。

同じスイミングジグでも全くバイトさせる要素が違っていて、目線誘導がどちら向きかによって決めています。


一番下のベイビーブラッシュホグですが、これはズル引き用ですね。 3つの中では1番柔かい素材なので、着底後のリアクション狙いにはコレを使うようにしています。 岩盤をタイトに落としていったりするのにも良いですね~。


エコタックルの場合、あまり選択肢がないのでこの3種類になりますが、普通のワームだともう少し増えます。


気分が乗れば、普通のワームトレーラーの事やスイミングジグに適したロッドの事についても書いてみようかな!? ロッドアクションについて動画でやってみたりちょっと色々模索中です。
スポンサーサイト

北山合宿!!

学校関係の合宿があり火曜水曜と北山湖へ行っていました。
日曜日の試合終わりから、一日明けての入山だったので連休明けくらいまで北山湖は見たくありませんね。 ただ魚が見えそうなレンジに居るので、唯一そこだけが心残りなんですが。。。

さて合宿の方に話を戻していきましょう。
1泊2日で行なわれたのですが、新入生含め親睦を深めるのがこの合宿の狙いの1つでありました。
RIMG0204_convert_20110428221334.jpg
2年生と1年生  人となりを知ってもらうには一緒に釣りするのが早いですね。

夜にはこんな事もあったりしました。
RIMG0218_convert_20110428221507.jpg
スピーチの時間ですね。 ワタクシも1年生の人となりを理解するのに役に立ちました。 中には美術系の人も居て(色彩学関係)仲良くなれそう?というか激しく仲良くなりたいと思わせる人材も居ます。

明けて2日目ですが、この日も模擬トーナメントしました。 『2位じゃダメなんですか!!』と言った某キツめなお偉いさんも居ますが、やはり勝負ごとは生徒の目が違いますね。 1位じゃなきゃダメなんですよ~。○○ホーさん。

RIMG0220_convert_20110428221619.jpg
藤原先生にも2日間通してお世話になりました。

RIMG0205_convert_20110428221428.jpg
やりきった後のベストオブスマイル賞受賞です。









2日間通して釣りする時間はほぼ無かったですが、例の魚探の確認だけはしてきましたよ~。
RIMG0203_convert_20110425145351.jpg
HE-570C。 使えるか!?使えないか!?  今後自分の船を見ていただける方は分かると思います(謎)

HE-570C!!

RIMG0203_convert_20110425145351.jpg
昨日の優勝商品。
ホンデックスのHE-570Cという機種です。 以前GB200というGPS魚探をもっていましたが、カラー魚探の調整が難しかった(特にクリーンライン)という印象があります。


しかし、今年のフィッシングショーで本多電子のブースに行ってみましたが、カラー魚探の性能(調整含め)が上がっているように感じられました。



まだ使用していない為なんとも言えませんが、今使っているHE-5630とどう違った用途ができるのか!? 明日明後日で確認してきます。




フィッシングショーの時に感じられた部分がこの魚探にあれば、水の中をより違った印象で捉える事が出来そうな予感がしますね~。

福岡チャプター第3戦!!

RIMG0197_convert_20110424200230.jpg
本日は福岡チャプターでした。

テーマは『新たな境地を垣間見る』でしたね。 2週間前から見えてない部分を見たくて、強気の攻め!?の練習をしていまして、本日は3本2110gで優勝という形で実を結んだ次第であります。


内訳は550g×2 900g でしたが、予定通りの攻めでした。 練習の段階から800~1000gの魚を複数匹釣っていましたし、エンカウンターではなく狙い通りの魚というのが嬉しさ倍増です。




その攻めの内容というのは、『テキサスリグ』か『フットボールジグ』の2種類。 水質と水温の高低でどちらか決めるのですが、本日はフットボールの日。
3/8ozのフットボールにダットカット3インチのダブルテール仕様で、あくまでも優しいアクションがキーだったかと。  ジグを追ってきた時に優しくシャクル事でバイトに結びつきました。



今年から北山湖のバスを見失っていまして、どうやって対処しなくてはいけないのか2週間前までは分からなかったのですが、北山湖という観念の捨てることで光明が見えてきましたね。



良く釣れる湖だからこそ、釣らないように練習する事が大事な事だなと思いました。




昨年とはベイトフィッシュの数が大きく違い、なにが正解のパターンかが見えにくくなっているように感じます。 人と同じ事をしてもあまり差は生まれませんし、なにより自分がやってて楽しくないですもんね。

差を生む為にどうするか? 自分が楽しいと思えることを突き詰めるのが1番だと思いますので、試合でもそれを忘れずやっていけたらいいのではないでしょうかね。







RIMG0200_convert_20110424200536.jpg
謎のテッテレー♪♪おじさんもどうやら祝福してくれているみたいです(笑)

今週末は試合です!!

先週末には後輩の早野剛史がJBマスターズ戦で優勝したということで、こちらもヤル気を頂いております。
思えば高校卒業くらいのときから知っていて、真冬の北山湖にて手漕ぎボートを必死に漕いでいた姿が思い出されます。 軽トラカートップも今では良い思い出。。。  やはり人生遅咲きが素晴らしいな~っと しみじみ感じる今日この頃です。




さて今週末には北山湖でNBCの試合が待っております。 実は2週間前のGBカップ(5本リミット)では3本1390gで終わっており、あまり北山湖というフィールドを理解出来ていないのが事実であります。



例年とは大きく違っているので、あくまでも攻めの姿勢を崩さないようにするのが今回の目標。  自分にプレッシャーを掛けるわけではないのですが、6時間で3本、2時間1本。 という感覚で我慢しながら、北山湖での新たな境地を垣間見るつもりです。





試合の結果報告&北山湖における近況心理報告は日曜の夜か月曜日に書きたいと思いますのでよろしくお願いします。

放卵作業に参加してきました!!

RIMG0186_convert_20110415222934.jpg
本日はワカサギの放卵作業を見学しに北山湖まで行ってきました。
オレンジ色に見えているのがワカサギの卵です。 因みに、発砲スチロール1箱で5万円するそうです(驚)
RIMG0189_convert_20110415223147.jpg

放卵場所へ持って行きビニール内部の水温と上流部の水温とを均一にする為に、上流部の水にビニールを漬けています。
シノハラさんのお話によると、この中から上手く孵化するのは10%程度。 またその中から成魚になるまでに生き延びれるのは数%だそうです。 北山湖がそんな微妙な自然バランスの中、バスフィッシングが成り立っている事に今更ながら考えさせられるお話でした。。。

RIMG0191_convert_20110415223443.jpg
卵に泥が少しでも被ると、その卵は孵化出来なくなります。 ここ数年ワカサギの数が安定していないのは、低水位期に上流域で行なわれている真砂の採掘工事と河岸の工事が少なからず影響していると思われます。


工事をしないでとは言えないので、こういう環境作りは尚更大事になってきます。 こうなるともはや自然ではなく人の手で作られた不自然になってしまいますが、その不自然の中で遊ばせてもらっているというのを認識してもらいたいです。











RIMG0185_convert_20110415223720.jpg
来週の福チャプの練習もやりました。  まあ先週に比べるとだいぶ良くなってきましたね~。

今年は違うゾ!!

RIMG0180_convert_20110410213617.jpg
昨日今日と2日間北山湖に行ってまいりました。


春の北山湖を得意としている方々も言っておられましたが、今年は何かが違います。 例年この時期のプリスポーンの1本平均は550gくらいなんですが、1匹のウエイトはだいぶ落ちている印象です。

それに限らず、同じポイントでも入ってくるルートが違ったりしているので、その抑えどころを2日間では見つけることが出来ませんでした。。。



2日間のマックスサイズは画像の魚ですが、これを狙って獲るのもかなり難しいです。



思うところは何個かあるのでその要因を加味して反映させることは反映させて、来週も足しげく通いたいと思います。
このままでは再来週の試合はマズイ事になりそう。。。

趣味の時間!!

またまた趣味のボクシングネタです。


今日はいつもとは違う民放でのボクシング観戦でした。 いつもはWOWOWのエキサイトマッチを見ているので、やはりジョーさんのダジャレ無しでは辛い体になってしまったみたいです。



西岡 粟生 長谷川の防衛戦でしたけど、まあ3者とも予想通りの勝敗でしたね。



西岡さんは大振りな相手にちょっと戸惑い3ラウンドにいいパンチをもらってましたね。 しかし左ボディストレートを中心とした攻めで、予想通りのTKO勝利。 左ばかりが注目されるのですが、相手に打たせないリズムの防御が良いのです。
次はモリターとの統一戦か?モンティエルとの防衛戦か? はたまた転級が噂されるノニトドネアか? アメリカでのビックマッチを望んでいる西岡にとってどちらも魅力的なマッチアップだと思うので、是非ラスベガスでやって欲しいと思いますね~。



粟生さんは典型的なカウンターボクサーです。 元チャンピオンの挑戦者は減量苦からスタミナ切れを起こしていたようで、みぞおちにナイスカウンターで4RKO勝利。 願望ですけど、WBAの内山さんとの統一戦が見たいですね。



長谷川さんは4RTKO負け。 前々回も4RでTKO負けだったので、魔の4Rですね。 右ストレートを避ける際に左にスゥエーして避ける癖が前からあったので、逃さなかったジョニーゴンサレスの計算通りの勝利でしょう。 長谷川さんが前に負けたモンティエルにもジョニーゴンサレスは勝っているので、まあこの結果は順当とは思いますけど。 正直フェザー級では体が重く動きが鈍い印象があるので、スーパーバンダムに落として王座を狙って欲しいところなんですけどね~。。。




いずれにしても3者ともに今後に目が離せないので楽しみですな~。

20通りのリズム!!

例年春の北山湖で特に気にするのが、ロッド選択。
RIMG0175_convert_20110408162800.jpg

北山湖は春はジグヘッドリグが有効なので、それぞれ特徴があるこの4本から選択するようにしています。

5年くらい前から把握していた事なんですが、年によってバスの「好みのリズム」が存在していて、そのリズムを見つけるのに必然的に4本も要るようになってしまいした。

ジグヘッドのウエイトも関係してくるので、1/20oz 1/16oz 5/64oz 3/32oz 1/8oz の5種類のウエイト用意しております。
毎年変わることなので、そのリズムを探すのも毎年春の北山湖の課題となっております。


4×5=20通り のリズムの中に毎年コレ というリズムが必ずあります。



使うワームにもよるのでもっと細分化しないといけないでしょうけど、そこまでやると途方も無い作業になってしまうのでやりませんけども、このリズムを掴めるか掴めないかで春の北山湖の成績が大きく変わってしまうのは事実ですね。
今年はチャンネルが埋まってしまったので、流れも複雑になり尚更難しいですしね。


24日にNBC福岡チャプターがありますので、大きく外さない為にも明日からちょくちょく入山して見つけたいと思います。

本日のJB戦は兄の結婚式で出場キャンセルしてました。 それとは別に木曜日に叔母が亡くなり、お通夜に葬儀と激動の4日間になったと思います。


JB戦に登録しておきながら、出場できないのはプロの資格を持つ人間として失格です。




嬉しい思い悔しい思いを出来なかったのは情けないですが、この思いを次からの試合にぶつけて取り返したいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。