2010-03

Latest Entries

上流ガイド!!

DSCF1208.jpg
本日は上流にてガイドを行ってきました。
お客様のご好意により釣りも解禁していいとのことだったので、お言葉に甘えて釣りしてしまいました。



最近のガイドの流れとしてはバンクの甲殻類パターンを軸に、状況に応じてライトリグ&リーリングベイトをミックスしていくというもの。


時間帯や風の状況を踏まえて、どっちをとっていくか決めるんですがサイズはバンクのパターン、数は圧倒的にライトリグパターンでした。




サイズは上の画像がMAXでしたが、数は40cm前後がポコポコ釣れてます。 この時期は計算して狙えるのでガイドをしていてもかなり楽しいですね。


写真NGのお客様だったので、画像は載せれませんが良いサイズを釣られていましたよ~。 本日はお疲れ様でした。




DSCF1210.jpg
数釣りパターンのMAXサイズ。 大きなサイズも掛けたんですがバレて終了です。 フックを考える時期になって来ましたよ~。

福岡チャプター2戦目!!

DSCF1204.jpg
まさかいけるんじゃない!? っと思ったのも一瞬!! ←そんな自分に大沢親分。。。 2730gで4位でした。



福岡チャプターの2戦目。ブラックちゃん(この時期は♀狙いだから)のご機嫌をお伺いするために参加してきました。  結果2本のブラックちゃんと1本のブラックくんを仕留めて上々の結果でしたね。



結果よりも過程に趣を置いた本日。 一つのキーとしていた朝の時間帯内で3つ釣った事。 それ以降、苦戦して釣れなかった事。 全て予想通りの展開に、「冴えてるわ~!!」と妙に納得した感じでした。



水温低下から上昇に転じるタイミング(上昇中では×)では、シャッドプラグが有効になるケースがあります。 本日の朝がそんなタイミングに重なっていたので、朝のみシャッドプラグに好反応でした。



使ったのは毎度毎度のSH60。 リトリーブ中に色んな変化をつけることで、キッカケを生みバイトさせれましたね~。





来週はプロ戦ということで、試合終了後に釣り。
本日とは全く違うプランを用意しているので、それの確認と魚探掛けに少し時間を割きました。
DSCF1206.jpg
ボチボチの印象です。

明日は福岡チャプター!!

明日は、チャプター福岡2戦目です。  それに伴い、本日は前日練習のため遠賀川に。


水温云々は置いといて、来週使えそうなパターンの確認をしに朝一確認してきましたが、なんとかまだ口を使うみたいでほっと一安心。 


来週の為の釣りを早々に止めて、明日のキーパーパターンを模索してきましたがどうも頭の中が???状態。 巧い事いかんもんです。 

明日もあたふたする自分が目に浮かびますが、フィッシングプレッシャーを計算に入れた試合運びをするのみ!!


魚に近づけるような過程を楽しんで釣りしたいと思います。

大荒れの土日でした!!

遠賀川は土曜日日曜日と大荒れの天気。土曜日に関しては波と風が太刀打ち出来るレベルではなくて、1時間も釣りしていません(最大瞬間風速20m越えだったらしいです)。
日曜日は、土曜日に比べて『ベタ凪』に見えたので、1日中流下流域に拘って釣りをしていました。



今年の大型バスの傾向がなんとなく理解出来ているので、魚探掛けでGPSのマーキングを中心に、季節感を戻したり逆に進めた釣りをやってきました。


釣果としてはボチボチの印象で、さほど釣れてはいないですが『良い練習』が出来たなと思っております。




今週末は福岡チャプターです。 成績はもうどうでも良くなったのでキーパーパターンの模索に勤めて、再来週のプロ戦を良い方向に持っていきたいですね~。
悶々として考える5日間が始まります。。。

リハビリ!!

DSCF1191.jpg
本日も性懲りも無く遠賀川に行ってきました。 最近はワタクシが出船する日に限って大荒れ!! したがってスロープより上流の比較的狭い範囲でしか釣りは出来ませんでした。



今日のテーマは『リハビリ』。 今年に入って、遠賀川ではライトリグで全然釣っていないので、今日はライトリグのリハビリを兼ねての釣りです。



そのリハビリの成果があったかどうかは分かりませんが、↑のサイズ含め7本で終了!! まあ満足いくリハビリフィッシングにはなったんで良かったです。



ただし根掛り多発で、ブランクを感じずには入れませんでした。 岩の隙間に入れる動作もなんかぎこちないので、少し時間が必要ですね~。 出来ればプロ戦までに間に合わせたいです。



使ったリグは『スワンプクロウラー』の1/16ozネコリグ。 ネコリグに至っては今年初バス。
旧型のグリパンを惜しげもなく使ってやりましたね。




ただ全体的に見るとまだハードプラグに分がある感じ。 まだシャッドプラグの日が続いています。
土日も出るので、リハビリを兼ねて楽しく釣りをしてきますね。

HG的シャッドプラグの引き方!!

どうも皆様こんにちわ~。
今日はワタクシ流『シャッドプラグの引き方』を伝授です。

今年に入って遠賀川の殆どがシャッドプラグの釣果なんですが、今回は引き方のコツでも少し。。。

ワタクシはSH60をポンプリトリーブメインに使っていますが、日によって、レンジによって引き方を少し変えています。



基本の考え方は、ボトム近くでワート的な動きにする事!! これに集約されてきます(特に遠賀川では)。




シャッドプラグの動きが死んでは釣れるものも釣れなくなるので、シャッドの動きがギリギリ出るニュアンスのまま引くのがコツでしょう。
このニュアンスを言葉にして書くのは難しいですが、ボトムに着きそうで着かない感じを保つ事なんです。 意識してルアーを引いているとボトムに着く寸前がなんとなく分かってくるようになるんですが、その状態を続ける事でアクションを保つ事が出来るので、魚に常にアピールしている事になる訳なんですね~。



この感覚を養うのに大事な事は、タックル(特にロッド)を固定する事。 そして水深別にルアーのトレース方法を変えることです。 ポンプリトリーブでは狙ったレンジをキープ出来るので、その事も計算に入れてトレースします。




浅い場所を釣りたければ、最初からポンプリトリーブで入ったりルアーを改造して浅くトレースするように、、、逆に深くトレースしたければ、最初にリトリーブをして潜らせたり、ルアーのリップに加工して深く潜らせたり出来ます。





ワタクシは水深別(1m、1,5m、2m、2,5m、3m、4m)にSH60を用意しているんで、アクションは特に変えないままレンジを調節出来ています。
核となるルアーを見つけて、それを改造して合わせて行く方がルアーの種類を変えるより良いかも知れないな~って最近はそう思う次第です。。。

臨機応変に!!

DSCF1176.jpg
ご無沙汰しております。 本日は荒れ荒れの遠賀川で調査です。

前日に春の雨が降り、「クランクベイト爆釣か!?」と思いきや、本日の状況ではシャッドプラグが有効パターンに。
予想は出来ていたんですが、この状況下ではシャッドプラグが強いんです!!  水温だけをみるとクランクベイトの水温なんですが、とある要素でシャッドプラグなんですね~。

予想通りシャッドプラグで数釣りが楽しめまして、4時間で6本。 ルアーカラーを天候と潮汐の時間で使い分けて、ポツポツ釣れる感じでしたね。






本日釣れたルアーは殆どがコレ。
DSCF1177.jpg
SH60のこのカラーが良かったです。 大潮周りと天候を加味して考えていくと自然とこのカラーに落ち着きました。 大潮周りはカラーも赤系とのコンビネーションが有効になってきますよ~。


明日にはこのシャッドプラグの魔法が解けてしまい、クランクベイトな日になります。 日によって嗜好が変わるので、今日シャッドプラグが釣れたからといって明日釣れるとは限りません。 その日にあったルアー選択をすることが重要な事なんでしょうね。








今日のオマケ
DSCF1173.jpg
中国奥地からの輸入物が届いてまいりました。 ワタクシは花粉症ではないのですが、黄砂アレルギーなもので特に目がヤられてしまいます。
魚に対する影響もまああるみたいなんで、5月までは黄砂情報も要チェックです。

ディーパーカップファイナル!!

ディーパーカップのファイナル(年間上位10人の試合)に出てきました。

ここ2日間の傾向からいって、自分が思うベストの行動をしてきたのですが5リミットを揃えれず3本2990gで撃沈しました。 


素直に今日は完敗ですね~。


何故かと言うとトップウエイトが遠賀5リミットのレコード記録更新、5本で7000gだったからですよ(驚)
参加者だれもが、負けを認める素晴らしい記録ではないでしょうかね。



優勝者の魚を見て、自分が釣っているバスとは違う種類なのは明白で、何か殻を破るのに十分すぎるくらいのヒントがそこにあったように感じますね。



こんなウエイトが出たのも、ここ最近また顕著になってきたメインフードの変化によるもの。
氾濫とかしない限り今後はビックが育つ環境になっているので、その変化について行けるように楽しんで釣りしていきます。

雨上がりの遠賀に!!

DSCF1167.jpg
大潮絡みの本日。 春を感じに遠賀川上流に行ってきました。

昨日の雨の影響を考慮しながら釣っていきましたが、予想通りの展開でかなり手こずりましたね本日は。。。

結局のところ、1日やって4本とかなりの貧果で終わってしまいました。

自分がこの時期メインとするパターンはバンクの甲殻類パターン。 同じような風景のバンクでも、とある要素でカニ類を食っているバスと手長エビを食っているバスに釣り分けが出来るようになったので、どちらかの要素を汲み取って1日の戦略を考えていきます。
手長エビ食っているバスの方に本日はシフトしていき、上のナイスバスをしとめることが出来ました。

色々な考えでこのバスに至ったんですが、昨日の雨は水をちょっとよろしくない方向に替える雨で、その水の影響を受けていない層とポイントがどうやら正解パターンの様子でした。
もう1本同じくらいか少し小さいサイズを上げましたが、それもそんなポイント(逆ワンド)。

影響の受ける場所では大型サイズが出なかったので、あながち間違いではなかったように思いますね~。


春の雨は良い雨と悪い雨があるので、雨上がりの次の日の釣行はアングラーとしての力量が試される日。 まだ修行が足りないヒヨッコなので変化に対応できるアングラーになりたいと思います!!





今日のMVPタックル
DSCF1170.jpg
一昔前のラトラーです。 これは確か「ラトルスネーク」が発売されていた頃の商品なんで、本当に一昔前ですね。
違うラトラーも付けて実験しましたが、ラバージグの動きがとろくなったので却下。 このラトラーが色も付いていて、ジグの動きを妨げないのでこのタイプのラトラーをオススメします。

水温の低下は無いのにPHショックみたいな状態の今日のような魚には、付加アピールが時として重要になってきますよ~!! 是非お試しを~。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク