2009-07

Latest Entries

第26回!!

どうもこんにちわ~。 梅雨ももういい加減終わるよね?? 裏の山ではセミのオーケストラが開かれておるところ。 数日前の涼しい日にはツクツクボウシが鳴いていて、季節感の無さにビックリした次第です。

そんな裏山ばかり見て不毛な日々を送っているワタクシ、今日は月1のミニコーナーの日です。

お題は『夏は赤なの!?』

よく雑誌で書かれていた、夏は赤色が効くという噂。 記憶が正しければ、クリンクルカッツの赤色が超有名になったのを覚えております。 当時中学生くらいだったワタクシもその流行に乗っかってか、クリンクルカッツの赤色を買って使っていました。
当時のワタクシは、疑う事を知らないと言う大変素晴らしい性格だった為、野池で結構釣らして頂いたのを今でも覚えています。

ただ友達もそれと同じくらい、ウォーターメロンで釣られていました。

何でもいいんじゃないかいな?? そこでふと思うようになり、赤色について調べて見る事に。

赤は一番先に水の中で黒になる。

そんな事が書かれていて、その次の日にワームの色を黒にして見たトコロ、大差なく釣れてきます。
その時からこれは『夏に赤はウソやな』と一方的に思うようになります。

高校生になり、夏に琵琶湖で釣りをさせてもらう機会があり、その時に良く釣れていたのが『ズーム スカッパノンのカーリーテール』
今でもお世話になっている琵琶湖の師匠は『夏は赤系統が効くよ!!』と教えてくれました。

自分の頭の中では????な感じ。 野池では大差ないのに、琵琶湖では明らかに赤系統でしたから。

琵琶湖にあって通っていた野池に無いモノは何か。。。

それはウィードでして、このウィードが赤系統を効かす要因の大部分であることが、ここ5年くらいですか、、、分かるようになりました。


近年の見解では、比較的ステインな琵琶湖南湖はウィードトップが形成するシェードラインで水温変化を起こし、そのラインでサーモクラインが出来るという事。

シェードが出来るということは、光量の変化も有り得るので水の中で一番先に黒なる赤色は、そのラインで赤から黒という色の明滅効果を産むという結論になります。

サーモクラインにサスペンドする傾向にある時期は尚更ですね。


そういうマジック的要素が無いこちらのフィールドでは、赤色の効力は半減して当たり前な訳で。。。中学生の時に感じていた事も強ち間違ってはいなかったという事になります。
という事は、ウィードフラットランドレイクでは無い九州にあるフィールドでは、夏=赤色という図式は成り立ちませんよね。
コチラのフィールドでは、赤ではなく黒でも良い訳で特別、赤が効くという話は聴いた事ありません。

効くとするならば、赤~黒の明滅変化が起こるドシャローにいる魚ですかね?? 試した事がないので良くわかりませんが。。。


そんな訳で、夏=赤色というのは琵琶湖南湖での話であって、こっちでは当てはまらないという話でした。
夏で効く色としてもう一つ挙げられるのが、『クリアカラー』 これは、赤色のようなマジックではなく全国共通だと思います。 クリアカラーもとあるマジックが隠されているんですが、それはまたの機会にという事で宜しくお願いします。


今回は赤色を地形的ストラクチャー的に、書いてみました。 今回書いた赤色の効き方は、春の赤色とは若干効く要素が違ってきますので、そこは宜しくお願いします。

毎回書きますが、あくまでも持論なので流し目スタイルの閲覧でお願いしますね~!!
それでは27回目のその時まで失礼しま~す。

予告!!

月末になりました。 月末と言えば恒例になった月1コーナー『自分で自分の首絞めます』!!

今月のお題は『夏は赤色なの!?』です。
巷でよく聞く、夏は赤色のルアーが効くらしいという噂。。。

噂の真相はどうなのか?? HG的につらつらと書いてみようと思います。

昔VS今!!

DSCF0917.jpg
遠賀川が酷い事になっているので、友人の畠君の案内で宗像津屋崎ラインの野池で釣りをしてきました。
大雨の影響が出にくい野池をピックアップしてもらい、琵琶湖ナイズした釣りをやってきました。

自分がやっていたのは、一昔流行したであろう『ビックカーリーテールのスイミング』通称マキマキですね。 6インチまでは釣った記憶があるんですが、今回は8インチデットリンガーのブラックグレープ!! コンッ、コンッ、コンッ、ココッ、、、グ~。。。 持っていった時に、2回頷く←これ重要!! ノッた瞬間が堪りません。
男な釣りですわ~(無意味な関西弁)

方や畠君は、今流行のパンチング!!
DSCF0916.jpg
『ズームグラスクローが無いっちゃん!! どこか売っとるとこないかいな~?』 らしいです、、、見かけた方は是非ご一報を!!
そんな訳で、畠君はグラスクロー信者。。。確かにデットリンガーよりコンスタントに釣ります。
DSCF0918.jpg
大雨の影響を少なからず受けていて、カバーの中層が正解だったようですね。
カバー周りのウィードエリアを釣った自分にはさほど釣れず5本で終了。
友人の畠君はほとんど40UPで自分より釣れていました。
やっぱりグラスクローなのか!? グラスクロー恐るべし!! 
次回はアレンルアーズ、ファイアークローでリベンジ決定ですね!!

日食!!

46年ぶりとなる『皆既日食』、、、それがブラックバスしかり他の生物にどんな影響を及ぼすか、これを逃すと26年後にオアズケな訳で、絶対釣りに行かなくては行けないと思い、起きたのが7時30分。
釣り場の遠賀川に着いたのが日食が始まった10時前。
だんだん暗くなって行くのが分かります。 自分の中での疑問の1つ「夕マズメ状態」になるのか!?
そんなことを考えてると、セミが鳴き止み鈴虫が鳴きだします。
その時間からバイトが出だします。 普段の昼間にはありえない体験に凄く興奮しました。

オカッパリでしたが、その短時間で4本。 サイズは大した事なかったんですが、考える事も出てくるイイ釣行でしたね。

夕マズメに吹く風になったり、ハスが異常に浮いていたり、カラスが鳴いていたり、とにかく釣り以外に面白い現象のオンパレード。。。

日食が終わる11時30分くらいには、その現象は終わりいつもの遠賀川に戻り沈黙。

改めて思いましたが、太陽が生物に与える影響は凄いんやな~って。 生かされてるわ~って実感ですね。

欲を言えば、この日に悪石島で魚釣りしてみたかったです!! 次の日食がある26年後は51歳になっているんですが、この日には皆既日食が起こる場所で魚釣りをするという、「エリカ様」もビックリのブルジョアな過ごし方したいですね~。

遠賀川バスガイド!!

CARSJ1Q5_convert_20090720215208.jpg
昨日の事となりましたが、ガイドで遠賀川下流に浮いていました。
豪雨の中、ナイスサイズもちらほら出てイイ時間が過ごせて頂けたと思います。

夏特有釣り方の解説をしていたらドカンと来てしまいました。。。
テキサスリグなんですが、 ズル引き&フォール&ステイ と基本的なアクションをキッチリ出来たら、魚は素直に応えてくれます。
まだ梅雨明けしない感じで、ポジションは夏なのに、釣れ方がチョイ違って面白いですよ~。
夕方ガイドがオススメ!! テナガエビが動き出す夕マズメは、ビックバスラッシュを生む事があります。


話が変わり、明日は皆既日食!! 次の機会は多分ワタクシ死んでいると思うので、早めに起きて釣りですね~。
不思議な現象が多く起こると思うので、その観察です。 
釣れなくても皆既日食だけは写真に収めておきたい と思うHGなのでした。。。

JB九州!!

ご無沙汰しております、細川です。
今日はJB九州の試合でした。  終了90分前くらいから始まった放水のお陰で、なんとか年間レースに踏みとどまれました。
最終戦もいつも通り頑張るだけです!!



明日は遠賀川に終日浮きます。 パターン等大きな変化は無いでしょうけど、北山湖であまりしなかったベイトリールの釣りを楽しんできたいと思います。

カラーシンカー!!

DSCF0905.jpg
お昼休みはウキウキフィッシング、あちこちそちこち釣れるとも♪♪
今日から森田氏が休みらしいですね!

そんな中、昼時間を使って遠賀川に出撃してきました。 ハンプシェードの効力も薄くなる時間帯の釣行だったので、常にシェードがある橋の下をメインにやってきました。
テキサスリグを使い、飽きない程度に釣れて楽しませてもらいました。

今回使ったのは、往年の名選手『ベイビーブラッシュホグ』の旧型。
この名選手も着底後の動きがヨダレモノ!! ドロンってボディが波打ってくれます。
この動きが無い選手は数が極端に落ちますので、バスもグルメやなぁって思いながら釣りしてきた次第です。
今回、そのほかに初投入した道具がありまして、、、『カラーバレットシンカー』なんですけども、結構イイみたいですよ。 具体的に言うと、シンカーの方に歯型が付いてきます。
タングステンウエイトなんですが、シンカーに歯型が付く事が無いもんで。。。 ってこれ書きながら、タングステンに歯型傷が付くわけないじゃんって思ってしまいました。

たまたま茶色だから色が剥げただけっぽいですね!!

まだ確信に至っていないので何とも言えませんが、もう少し気にして使ってみようと思います!!

確認作業!!

3日間の山篭りをやってきました。 金曜日は遠賀でしたけど。。。

今回の北山湖は急増水の影響による、魚のポジションの把握が目的。 魚釣りに時間をあまり使わず、魚探掛けで『水』『ヘラブナの位置』『立ち木』『ブラックバス』、水面を見て『オイカワの位置』『放水の有無』等の確認作業をやってきました。

水曜日から入ったんですが釣りした日全て違うし、ココ最近中々無い『変化の多い釣行』になりました。  という事は、晴れベースで続く今週も変化して当たり前。  その変化に付いていけたアングラーがプロ戦では上に行くんでしょうね。

天気図見ても梅雨明けも間近みたいなんで、本格的なサマーパターンになっていくでしょう。
オフリミットで北山湖に入れないので、遠賀で夏を感じてこようと思います!!

ではでは!!!

お知らせ!!

この度、色々なご縁が有りまして『ルアーマガジンモバイル』のフィールド情報、遠賀川下流域を担当させてもらう事になりました。
毎週水曜日(15日開始)に更新予定ですので、「我こそは遠賀マニア」という方は是非御覧下さい!! 全国のトップアングラーのフィールド情報もありますのでそちらも是非。。。

全国の有名アングラーに混じり、こんなロコアングラーでいいのでしょうか。。。 逆に浮いてしまいます。
恐縮ですが、全国のプロに見劣りしないような情報を載せていきたいと思います。



よろしくお願いします!!

明日から篭りです!!

明日から山篭りするので、当分更新は無いかも。。。

来週のプリプラという名目ですが、本当は北山湖のブラックのクセを掴みたいだけなんです。 ワタクシが記憶していてこのような水位の変動があったのは、多分6年ぶり。 当時のIQが3くらいだったので、今年はその変動が違って見れるように感じます。

雨模様の今週ですが、新しいレインギアを多分8年ぶりくらいに購入したので明日からノホホンと釣りしてきます。

では。

ワカリマセン!!

今日は試合でした。
朝一のタイミングでバズベイトにも出て気分はルンルンでしたが、残り5時間1回もアタリが無く終了。

今年1番のダメダメな試合だったんではないでしょうか。  何がダメかと言うと何故釣れなかったのかが解らない事です。  ワタクシのIQ12の頭を持ってしてもダメでした。

凄くクリアアップしたのが気になるところですが。。。




遠賀に後ろ髪を惹かれつつ、今週は北山湖ですね~。  プロ戦の練習ですが、梅雨前線襲来により練習になるか定かではないですが、1日1日を充実した日に出来るように、楽しんできます!!

ポロリ!!

DSCF0894.jpg
行ってきました遠賀川。
破壊行為を行ったバズベイトで、ポロリ4発、、、今日は水面にとある天然の蓋がしてあるのとハイライトな天気だったんで、さほどバズベイトが効く感じではなかったんですが、ダークカラーのバズベイトでフィット。

明日は試合、、、天然の蓋が取れるみたいなんで、諦め悪くバズベイト投げてみようと思います!!

頑張ってきま~す!!

明日は遠賀川!!

ブルーギルの凄さを再確認した次第です。  やはりDNAに組み込まれているんでしょうね~。
凄いな10120gは。 1000g釣るのにヒ~コラ言ってる自分がバカみたいです(笑)


そんな訳で、明日から遠賀川。 試合の練習なんですが、流れが残っているフィールドなんで1度リセットされて面白い状況になっていると思われます。

優勝をしても、CSに進む事は難しそうなので「趣味の釣り」に走ろうかなっと思っております。
んでバズベイト買って、いま破壊作業(チューンって言うらしい。)を終えました。

完全な自己満足な世界なので結果は付いてこないでしょうが、明後日にカチャカチャいわしてきます。

ついでにエコにも左回転のバズベイトが出ればいいのに~って思います。 コッチの魚にとって違和感MAXの左回転。 爆発力があるのも左回転のバズベイト。

理論はこのフックと一緒!?
DSCF0892.jpg
エクスキャリバーフック
上から見たら右に捻ってあります。

この理論は、例のミニコーナーで書く事があるかも。。。



とにかく明日は遠賀川。 楽しんで釣りしてきま~す!!

第25回!!

今日は第25回目『自分で自分の首を絞めます』のミニコーナーです。

書くといっておきながら2日放置してました、すいません。
今日のお題は『サターンワームについて』

サターンワームが釣れる要素というのを書いていきたいと思います。

ワタクシがサターンワームを使う状況というのは、魚の活性が比較的低い時です。 プレッシャーが掛かっている時も同様です。
と言うのも、サターンワームのリブがそれぞれ水を押すからで、リブが沢山あるサターンワームは他のワームに比べ水押しが強くなります。

もう一つリブの役割として空気を孕み、水中における安定した姿勢になります。 動くたびに空気バブルがリブから出ますので、視覚的にもアピールしているように思いますね~。


このような要素を出すのに重要な事は、綺麗なサターンワームを選ばないという事。 成型が綺麗なワームはリブも綺麗に作られているので、特に2番目の要素、空気を孕みにくく姿勢がヘッドアップ(頭上がり)になって釣れにくいようです。

見極めるポイントはリブの周りにバリが残っている事。
DSCF0886.jpg
これが大事で空気を逃がさない様に働いています。

以上2点がサターンワームが釣れる要素です!! 終わり!!

と言いたいトコですが、実はもう一つ。
それは、コアショットカラーになりえるという事です。

コアショット!??   聞いた事が無い方もいられると思うので説明しておきますと、ワームの真ん中が色が違うという色で、アーロンマジックに代表されるロボワーム社等ハンドポワードワームに多いカラーです。
コアショットカラー自体大変少なくなってきた印象を受けますが、視覚的アピールに凄く有能なカラーであるのは間違いないです。

それを踏まえた上でこの画像をどうぞ。
DSCF0889.jpg
コレはサターンワームと同じ要素を持つズームのデットリンガー、色はサフャイアブルーです。 コレを見ると解りやすいんですが、真ん中は濃い青で外側は薄い青に変化しています。

この色覚変化こそサターンワームが釣れる最大の要素だと思います。

同じ青ですが、色の濃さで違う青色に見えてきます。

1つの色にアタるのであれば単色でいいのかも知れませんが、色のどの波長にアタるか解らないのであれば色覚変化がある色の方が良いように思いますし、良い結果をもたらしてくれるように思います。

同じ青でも1色の青と2色の青では、どちらが魅力的か??



釣れる色や釣れるワームと言うのは、形や色でさまざまな要素があります。 ことブラックバスに関しては、波動の明滅、色覚の明滅で釣れるのではないかと思っています。
その釣れるワームというのは皆さんが探して頂くとして、今回はサターンワームが釣れる要素を少し書いてみました。

特に短いですが、応用が出来ることが沢山あると思います。 今回書いたのは持論ですのでチラ身スタイルの閲覧でよろしくお願いします。

次回のこのコーナーは、ちょっと為になるようなお題でいきましょう。 では一ヶ月後のミニコーナーをお楽しみに。。。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク