2008-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宣伝ですが!!

自分のブログでこんな事書くのは場違いでしょうけど、宣伝です。

明日から、キャナルシティのラーメンスタジアムにて、親戚がラーメン店を出店します。 オーナーも親戚、店長も親戚なんで売れてくれ!!ってな感じです。

お店の名前は『羽釜屋』です。 味は豚骨味でガツンと来るみたいです。

昔はカップラーメンになったり(河相我門さんのラーメン)して、その調味量をワームの中に入れたらメッチャ釣れた記憶が。。。
まあそんなんどうでも良いんですが、キャナルにいったついででいいんで、是非ご賞味あれ
ramen_hagama.jpg
スポンサーサイト

第18回!!

大変申し訳ありませんでした。  PCの調子が悪く、更新が出来ずにいました。

18回目『自分で自分の首絞めます』のミニコーナーです。

今回のお題は『風の吹走距離』についてです。 書き方が難しいですが、風が吹き抜けて走る距離の事ですね。

それでは18回目ミニコーナーのスタートです。
皆さんの通っているフィールドでも風の強弱で釣れたり釣れなかったりが有ると思います。  ワタクシのホームフィールドである遠賀川は、この『風の吹走距離』がとても重要な要素の一つとして捉えております。

話が遠賀川に偏ってしまって申し訳ありませんが、遠賀川の概要を少し、、、 遠賀川というのは南東から北西に伸びる川でございます。 という事は風が良く通る方角は、北西か南東ということになりまます。  逆に、南西と北東から吹く風には強い川、プロテクトできる川という事になります。

風が吹くから釣れるとか言いたいのではなくて、フィールドの地理的特性から、そのフィールドが持つプロテクトできる風とプロテクトできない風があるという事を念頭に入れておいて欲しいのです。


さてさて話を元に戻しまして、、、風の吹走距離について書いていきます。

例え話ですが、2つの輪ゴムを飛ばすとします。  1つはあまりゴムを伸ばさず飛ばします。 もう1つは目一杯ゴムを伸ばして飛ばしたとします。

良く飛ぶのは、前者か後者か。。。

勿論、良く飛ぶのは後者ですよね。  伸ばす力が加わる分、輪ゴムの反発力も強くなります。
よって遠くまで飛ぶんですが、これが吹走距離にも言えるんですよ。

吹走距離が長ければ長いほど、風が湖水に及ぼす影響も大きくなるし、短ければ影響も小さくなります。

では、風が湖水に及ぼす影響って何でしょうか!?

流れで言うと、風で起こる流れもあるし、最近まで問題視されていたターンオーバーの進行具合にも影響するし、春だとサーモクラインを造る要因にもなります。

有名かどうか分かりませんが、アメリカ等の湖水面積が広い=吹走距離が長いフィールドだと、1日でターンオーバーしてしまうフィールドもあるみたい。  日本のフィールドはその点、湖水面積が狭い=吹走距離が短いフィールドばかりなんで、ターンオーバーが1日で終わる事は、ほぼ有りません。

吹走距離が長くなる程、風の影響も強い=ターンやサーモクラインを造る作用を推進させているって事ですね。


それを皆さんの行くフィールドに当てはめていきましょうか。
先ずは遠賀川の下流(トーナメントエリア)で吹走距離が長い場所はどこでしょうか? 先に書いたように、北西と南東から吹く風が遠賀川は吹走距離が長くなります。
北西からだと、中流域の通称「赤工場前」で、南東だと最下流付近となります。
良く考えていくと、その風が吹くとそのエリアが激荒れになるはずです。  この2つのエリアは風の影響をモロに受けるエリアですが、裏を返せば風を利用した釣りが出来るという事になります。

北山湖に関しては、吹走距離が長くなる風は西からの風になります。 湖の周りの地形から西からの風はプロテクトしにくい様です。 季節によるんですが、とても有効活用できます。



こういったように、自分の良く行くフィールドがどちらからの風に強いか?はたまた弱いか?っと考えるだけで、釣りが楽しくなっていくものだと思います。


これは釣りには全く関係ない話ですが、冬になると広島県や岡山県など中国山地に良く雪が降りますよね、、、 これも実は吹走距離が関係してるって知ってました!? ここ2日の冷え込みでは、寒気の張り出しの違いで阿蘇や雲仙の方で雪が積もりましたが。。。



まあそんな下らん事は置いといて、今回のミニコーナーどうだったでしょうか!? 吹走距離の違いで、風の作用の強弱が違うということでした。
毎回書きますがあくまでも自論ですので、毎度毎度のチラ見程度で調度よろしいかと思っております。

それでは、19回のその時まで失礼します。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。