2008-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナーフィッシュ!!

今日も懲りずに遠賀下流へ。
DSCF0565.jpg
寒気でクロワッサン雲ですね。 良く見ると『ナン』!?にも見えます。

昨日の続きですが、マイナーな越冬地を開拓。
自分が思い描いている越冬地が上流域には無く、丸々1日をほぼ下流域(3号線から下)で過ごしました。。。

マイナースポットで6匹。 全てこのサイズ(600g)
DSCF0564.jpg
しょぼいスポットだけに、それなりのサイズしかいないんでしょうかね。。。
ただ試合となると、そのしょぼいスポットが重要な役割を果たすかも。


来週はDカップですが、今回以上の寒気が土曜日に入りかなり厳しい状況へと変貌するでしょう。
ただ条件は皆一緒、、、今年最後の試合くらいは良い結果で終わりたいと思うので、努力あるのみです。
スポンサーサイト

遠賀釣行!!

トーナメントエリアでもある、遠賀下流へ。

1日を通しての感想は、『激荒れ』でした。 西風で荒れたのは久々体感しましたね。
そんな日でしたが釣果以外にも得るものは多く、出てよかった!!素直にそう言える1日となりました。

自分の中で謎であったNEWチリン4番が釣れる理由、その他に冬定番と言われるポイントが何故釣れるのか、、、かなり解読が出来てきています。 だからと言って自分は釣れないんですが。。。

その共通点を見い出し、ここでぇ!?って場所を新規開拓、、、とある場所で友人の宮原氏に一匹。
多分600gぐらいだったとおもいますが、価値ある1匹となりました。
自分はと言うと、定番エリアで600gくらいとキロオーバーを釣り満面の笑み、、、言ってる事とやってる事が間逆で、素直に喜べません。
逕サ蜒・002_convert_20081129231028

ここ何日かの雨&冷え込みで、魚がルアーをゴックンしません。 
こうなると軽いモノで口からこぼれさせない様な努力が必要です。 自分は普段重めのライトリグが好きですが、この時期からは1/16ozより軽いものが主体になってきます。

落とす我慢が必要ですが、折角バイトしたチャンスをバラして逃がしたくないですからね。

消化不良!!

昨日は、長崎方面へボートエギング&カブ釣りに行ってきました。

寒波が入り海は前日までダダ荒れ。 当日も波はさほど無いものの、ウネリが入っており多少釣りづらい状況でしたね。

寒波の影響で、海水温も下がっていると思いきや、、、遠くの島の下面が切れて見えていたことから、さほど下がっていない事が分かりました。

シャローウォーターのイカの調子を探って行きますが、荒れた影響で反応無し。 次第にディープウォーターにシフトしていき、10m以深のボトムで狙い通りの一杯!!
DSCF0557.jpg
色は緑スギ様の4号。  他の色には当たらず、この色の強さを実感しました。

昼からはアラカブフィッシング。
ここでは、汁ガルプの独壇場です。 アタリは1キャストごとに必ずきました。 千切れたやつでもアタるんで、ガルプ素材は魅力的なんでしょうね。
ここでは、外道の真鯛をテキサスリグでゲット!!  
DSCF0560.jpg
エビで鯛を釣るなんてことわざがありますが、ガルプで鯛が釣れるんですね。 オドロキです。


昨日の釣行ではどの魚種にしても、もう少しやり込めた感じがしました。 次に行く釣行でリベンジですね。

宣伝ですが!!

自分のブログでこんな事書くのは場違いでしょうけど、宣伝です。

明日から、キャナルシティのラーメンスタジアムにて、親戚がラーメン店を出店します。 オーナーも親戚、店長も親戚なんで売れてくれ!!ってな感じです。

お店の名前は『羽釜屋』です。 味は豚骨味でガツンと来るみたいです。

昔はカップラーメンになったり(河相我門さんのラーメン)して、その調味量をワームの中に入れたらメッチャ釣れた記憶が。。。
まあそんなんどうでも良いんですが、キャナルにいったついででいいんで、是非ご賞味あれ
ramen_hagama.jpg

第18回!!

大変申し訳ありませんでした。  PCの調子が悪く、更新が出来ずにいました。

18回目『自分で自分の首絞めます』のミニコーナーです。

今回のお題は『風の吹走距離』についてです。 書き方が難しいですが、風が吹き抜けて走る距離の事ですね。

それでは18回目ミニコーナーのスタートです。
皆さんの通っているフィールドでも風の強弱で釣れたり釣れなかったりが有ると思います。  ワタクシのホームフィールドである遠賀川は、この『風の吹走距離』がとても重要な要素の一つとして捉えております。

話が遠賀川に偏ってしまって申し訳ありませんが、遠賀川の概要を少し、、、 遠賀川というのは南東から北西に伸びる川でございます。 という事は風が良く通る方角は、北西か南東ということになりまます。  逆に、南西と北東から吹く風には強い川、プロテクトできる川という事になります。

風が吹くから釣れるとか言いたいのではなくて、フィールドの地理的特性から、そのフィールドが持つプロテクトできる風とプロテクトできない風があるという事を念頭に入れておいて欲しいのです。


さてさて話を元に戻しまして、、、風の吹走距離について書いていきます。

例え話ですが、2つの輪ゴムを飛ばすとします。  1つはあまりゴムを伸ばさず飛ばします。 もう1つは目一杯ゴムを伸ばして飛ばしたとします。

良く飛ぶのは、前者か後者か。。。

勿論、良く飛ぶのは後者ですよね。  伸ばす力が加わる分、輪ゴムの反発力も強くなります。
よって遠くまで飛ぶんですが、これが吹走距離にも言えるんですよ。

吹走距離が長ければ長いほど、風が湖水に及ぼす影響も大きくなるし、短ければ影響も小さくなります。

では、風が湖水に及ぼす影響って何でしょうか!?

流れで言うと、風で起こる流れもあるし、最近まで問題視されていたターンオーバーの進行具合にも影響するし、春だとサーモクラインを造る要因にもなります。

有名かどうか分かりませんが、アメリカ等の湖水面積が広い=吹走距離が長いフィールドだと、1日でターンオーバーしてしまうフィールドもあるみたい。  日本のフィールドはその点、湖水面積が狭い=吹走距離が短いフィールドばかりなんで、ターンオーバーが1日で終わる事は、ほぼ有りません。

吹走距離が長くなる程、風の影響も強い=ターンやサーモクラインを造る作用を推進させているって事ですね。


それを皆さんの行くフィールドに当てはめていきましょうか。
先ずは遠賀川の下流(トーナメントエリア)で吹走距離が長い場所はどこでしょうか? 先に書いたように、北西と南東から吹く風が遠賀川は吹走距離が長くなります。
北西からだと、中流域の通称「赤工場前」で、南東だと最下流付近となります。
良く考えていくと、その風が吹くとそのエリアが激荒れになるはずです。  この2つのエリアは風の影響をモロに受けるエリアですが、裏を返せば風を利用した釣りが出来るという事になります。

北山湖に関しては、吹走距離が長くなる風は西からの風になります。 湖の周りの地形から西からの風はプロテクトしにくい様です。 季節によるんですが、とても有効活用できます。



こういったように、自分の良く行くフィールドがどちらからの風に強いか?はたまた弱いか?っと考えるだけで、釣りが楽しくなっていくものだと思います。


これは釣りには全く関係ない話ですが、冬になると広島県や岡山県など中国山地に良く雪が降りますよね、、、 これも実は吹走距離が関係してるって知ってました!? ここ2日の冷え込みでは、寒気の張り出しの違いで阿蘇や雲仙の方で雪が積もりましたが。。。



まあそんな下らん事は置いといて、今回のミニコーナーどうだったでしょうか!? 吹走距離の違いで、風の作用の強弱が違うということでした。
毎回書きますがあくまでも自論ですので、毎度毎度のチラ見程度で調度よろしいかと思っております。

それでは、19回のその時まで失礼します。

予告!!

『寒気確認良~し!!』
衛星写真で、寒気を指差し確認が出来る程強い勢力を持った今回の寒気。
さぞかし水の中も変わったでしょうね。

今日は、ボーっと雲を見ていて一つ気になる事が。。。  寒気の雲って形がクロワッサンに似てません!?
雲の単体が小さくて、雲の高度が絶対に一緒なんです。  なんか雲が下に行けない!?上に行けない理由があるのかしら!?なんて思った今日。  水の中と、層が在る点で似とるんでしょうね。

そんな下らん考察してたんですけど、下らない考察シリーズでもある『例のミニコーナー』、、、今月分は、明日更新します。

今回のお題は『風の吹走距離について』です。  書き方は難しいですが、読んで字の如く「風が吹きぬけ走る距離」の事です。

詳しい事は明日の更新をお楽しみにしておいて下さい。

才能が無い!!

釣りが下手になったな~とつくづく実感する今日この頃。

今日は大会だったですが、下位で終わりました。
魚が釣れない=才能が無いって事でしょうね。  頭で分かっても、釣ってこなければ何の意味を成しません。

今年は同じ場所で釣っていても釣り負ける事が殆どで、魚とのリズムが合っていないです。
来年もこの調子で行くとかなりヤバイので、本格的に考えないといけない時期ですね。

とりあえず、負け犬のまんまで終わりたくは無いので来月7日のDカップで頑張ってみようと思います。

短いですが、このへんで失礼します。

明日から北山!!

明日から北山湖に出かけます。

日曜日まで北山湖なんで、更新は月曜日か日曜日の夜になると思われます。
大会なんで熱く過ごせるように、がんばってきます。



話は変わり、友人である『感性豊かなフィッシャーマン・宮原氏』がブログなるものを始めましたので、良かったら見てください。

FISHING INSPIRATION

よろしくお願いします!!

ハイピッチャー!!

風が吹いてますね。 末端冷え性のワタクシは足の冷えで気温が下がっているか解ります。

ココ最近、夜になっても風が吹いているケースが続いていて、尚更ターンオーバーを加速させている感が見受けられます。

ターンオーバーといえば自分の中ではスピナーベイトなんですが、今日は良く使うスピナーベイトのご紹介。。。

DSCF0549.jpg
ハイピッチャーの5/8ozです。 小さいのにこの重さ、、、かなりイケイケなスピナーベイトなんです。
エコでこの重さを出して欲しいと心底思いますね。

シルエットが小さいから、ディープラインをキッチリ引いてこれます。
捕食範囲が狭くなりガチなこの時期において、この長所は凄く重要な事です。

去年遠賀川が水も悪かったお陰で、このスピナーベイトがとても有効でした。
今年も大分お世話になりましたが、水が良かったせいか今年はあまり爆発力が無かった様に思います。

今年の秋のスピナーベイト祭りはあと少し、、、受験勉強をする中学生みたいに、最後の追い込みでスピナーベイトを引きに近いうち遠賀川に浮いてきたいと思います。

北山は難楽しい!!

今日は、極寒?のノースマウンテンリザーバー、、、俗に言う北山湖に行ってきました。

全ては来週末にある『バスフェスIN北山湖』に出る為でございます。

水位も21%で停滞していて、一昨日の夜から降り続く雨、、、そのダメージ具合を見に行ってきたんですが、想像以上に濁っております。ヤッパリ

多分バットなタイミングなんだろうなと思っていましたが、案の定バットな釣果で終わる事になりました。


自分的には、釣れない事が良い練習になったと思っていますが、本番で良い結果が出るように来週も練習です。
あんなに狭い水域なのに釣りをやればやるほど、試さないといけない事が多くて時間が足りません。

釣りに集中ですね。

デーブイデー!!

特にミーハーでもないワタクシが、勉強の為に釣りDVDを購入。

DSCF0547.jpg

津留崎先生のDVDです。

オーストラリアでのバラマンディー釣りなんですが、バス釣りに流用出来る事があるかも、っと購入した次第です。

バラマンディの生態!?性質!?なのか捕食範囲が狭く、その中で如何にバイトさせれるかが、釣果に雲泥の差を産むみたいで。。。

ここでピーンときました。  それって、冬のブラック釣りに似てるよな~って思ったんです。

バイトさせる間とでも言いましょうか!? なんか言葉では言い表せないニュアンスが、冬のブラック釣り=シャッドプラグの釣りに似ているんですよね。。。

シャッドプラグもそういう間が非常に大事と、去年ホント痛感させられまして。。。

まあ文字や言葉で言うのも更に伝わりづらいと思うので、良かったら実際に御覧になって、そして感じて欲しいと思います。


そこで~~、その間を作るための、今日のHGはシャッドプラグ改造をやってます。
DSCF0548.jpg
まあよく見る弾のSH60ですね。 『軽く重く』がワタクシのモットーです。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。