2008-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回!!

どうも『DT3と共に生きる男』 細川です。

第15回に早くもなってしまいました。 このミニコーナー。。。
今回のお題は『DT3について』です。

dt3.jpg

こんな水温系なんですが、ワタクシのボートフィッシングライフになくてはならないものとなってます。

この水温系の良いところは、設定次第で0.1度の水温差でもアラームで教えてくれるところです。
この水温差が示すものとはなんでしょうね?

勿論、お魚さんが変温動物である以上、水温には気を配る必要があるんですが、この差でもっと大事なモノが分かります。


縦方向(鉛直方向)には、サーモクラインというワードでお馴染みだと思いますが、それの水平バージョンと言えば解りやすいですかね。
海釣りの世界では『潮目』と呼ばれていますが、湖や川にも見えにくいだけでそういったものが存在しています。

その水平方向の水温差を測る為に、このDT3がとても必要となってきます。


水温差の違いで何が分かるかというと、そのフィールドの水平方向の流れが分かってきます。


例えば、放水時の流れ(ショートカット)や普段の水の流れ、流水域の見分け 等々、、、 なんかもボートを走らせるだけで分かってしまうという優れものです。


そんな優れもののDT3ですが、ワタクシ的DT3の活用法がもう1つあります。

それは単純なことですが、地形の変化を探せるという事です。
水が滞る理由として、地形の変化(瀬から淵への変化)が関わってきます。
基本水深が変わる場所というのは、得てしてお魚さんが釣れる場所が多いです。

遠賀で言うと『アクアテック前』『青柳』 北山で言うと『神の島』『オニオンフラット』なんかがそれに当たります。

地形が水の滞留要素&流れを決めているので水温変化がある所は、地形が変化しているといって過言ではないです。

初めて行くフィールドでは、この機械ほど頼りになるものはありません。



っと、、、ここまで営業トークチックな文になってきましたが、気にしないでください。
皆さんに気にして欲しい事というのは、何故この場所が釣れるのか?という事でして。。。
その謎解きにワタクシの場合、DT3が必要だったというだけ。

皆さんがこのミニコーナーを見て、水温差という事を重要視してくれればそれでいいです。


今回のミニコーナーは、ワタクシの宝物であるDT3の良いところをチョロっと書きました。

毎度毎度の自論ですんで、チラ見スタイルでお願いします。
それではまた一ヶ月後にお会いしましょう。

次回は、皆さんの為になるように。。。



スポンサーサイト

明日は!!

更新滞っててすいません。

明日は月1のミニコーナーを書きたいと思います。
お題はワタクシの宝物『DT3について』です。

DT3というのはデジタル水温計なんですけど、ワタクシは下手な魚探を買うより、コレを買った方が何倍も釣りが上手くなれると感じてます。

この宝物の利点やこれで何が分かるか?? そんな事をチョロチョロと書いてみたいと思います。

それではまた明日。

dt3.jpg

秋近し!!

すっかりお空も秋模様。  このお空のようにお魚さんも秋模様なのかい!? どうなんだい!?

って事で、本日も川です。

一昨日の雨でかなり濁ってます。  しかも雨の影響で減水しているのに水量増し増しで、かなりレアなタイミングでの釣行となりました。

DSCF0466.jpg
テキサスリグでナイスサイズ。
晴れで砂が舞ったような濁りの時は『ブラック&ブルー フラッシュ』がお気に入りです。

DSCF0467.jpg
友人もテキサスフィッシュ!! 青い竿がトレードマークです



DSCF0468.jpg
後が続かず、最後の方で漸くナイスサイズ。 パカクローが最近のオキニです。


今の川は全体的に見て、夏から秋にパターンも移行している最中です。 水が落ち着けば、もう少し違った釣りが展開されます。  

今週中に様子見に行って、きっちりと現状把握をしてみたいと思います。。。


再会フィッシング!!

秋めいてきて、花粉が飛び始めました。 秋の花粉(多分ブタクサ)に毎年犯されるので、目と鼻がちょいと辛いごとあります。

そんな中ですが、学生時代の友と5年ぶりくらいの再会フィッシング、オカッパリに行ってきました。
行ったエリアは宗像から福津にかけてのエリア。 
野池ですが、前評判通りの良い魚に恵まれました。

平均35オーバーで2人とも10本くらい。
数もサイズもそうですが、このエリアの魚のポテンシャルにビックリしてしまいました。

DSCF0465.jpg
テキサスリグのパンチングにて48cm。 毎度毎度のパカクローです。

夕暮れ間近、、、友人の畠ちゃんに49cm!!
ナイスサイズ
畠ちゃんお手製のスモラバで釣られておりました。


久々のオカッパリでしたが、昔話に花を咲かせながら楽しい釣行となりました。


個人的に色々勉強になる事があって、野池も侮ってはイカンな!っと感じましたね。

下流ガイド!!

今日は夕方から遠賀下流にてガイドでした。

土日の雨によって、濁り カレント が出て、普段やっているような『サマーパターン』は、どうやら終わりのようです。
DSCF0464.jpg

カレントが効いているエリアのバンク打ちで、ゲストさんに小さいながらも7本釣れてくれました。

水温も26℃を切り、秋パターンの火蓋が切って落とされたようです。
これから30℃近くになる事はもう無く、いよいよ巻き物の季節になってきます。

個人的にも凄く楽しみな釣りがあるので、早く本格的な秋になって欲しいと願ってます。




話が横道に逸れますが、今日のゲストさんは小学生のアングラーでした。
この子の親から「船に乗せてほしい」と電話があって、ガイドさせてもらいましたが、そういうワタクシも元を辿れば、この子と同じ経験をして、この釣りに魅せられた1人です。

自分と同じ境遇のこの子と釣りをしてみて、なんか考えさせられるモノがありました。

自分の事(成績)ばかり考えてしまいがちですが、本当に大切なモノはもっと違った次元にあって、その大切なモノをガイドを通して、高校生時代に教えてもらっていたんだと実感した良い日となりました。

この気持ちを忘れる事無く、ガイド&釣りしないといけませんね。

タイムラグ!!

DSCF0449.jpg

今日は大分であった釣り大会の帰りに遠賀上流へ。

昨日今日と日田の山奥で過ごしていたので、この大雨でどうなっているかと考えていました。

日没までの約30分でしたが、激流の遠賀川に出る事が出来てよかったです。 この濁りの境で分かるように、2つの川は濁りのタイムラグを起こします。

濁ったときなんかは、このラグを利用して釣っていくと、比較的イイ結果に結びつくようです。
DSCF0448.jpg
雪等による濁り水も同様の考え方で対処していきます。


とりあえず4つ釣る事が出来て満足してしまいました

何故って??  大分で釣れなかったからです!!

俺の魚!!

今日は、ガイドで上流です。


夕立の降る前と降った後、それぞれ違うタイプの回遊魚を釣っていただきました。

夕立が降る前は、最上流近辺の回遊の魚。
テキサスリグのフォーリングです。
ここで、40前半のナイスフィッシュです。
DSCF0445.jpg
ここで数を稼ぎますが、ビックは出ず仕舞い。


下流に向かいつつ釣っていくと、物凄い雷雨に。
高い木の根元に避難して釣りを再開。。。

ここで魚探を見ると凄い事になっていたので、閃きでワームの色を変えてみた所これが大当たり。
DSCF0446.jpg
すいません。ワタクシに来てしまいました。
40後半のサイズです。

このサイズが出た事により、カラーに確信が持てて更に釣っていきます。
ゲストさんにもデカイ魚が数発掛かりましたが、ラインブレイク等で取れず。。。

最後には、またやってしまいました。
DSCF0447.jpg
反省ですね。

ゲストさんにも『俺の魚~!!』って言われる始末です。。。 ホントすいません。


結局、ゲストさんと合わせて15本近く。 うち5本くらいが40UPで楽しいガイドになりました。

集い!!

DSCF0441.jpg

ディーパーさんとこの、夕べの集い『夕マズメが似合う男 NO1決定戦』に出てきました。

夕立雲をどう味方につけるのか?? 今日の南風をどう読むか?? そういった意味で今日はとても勉強になった日になりました。

福岡地方ではゲリラ豪雨が降ったみたいですが、遠賀地方は夕立は降らず、、、どうやら南風だと降らないみたいです。

釣りの方ですが、納得いくサイズはまたしても1本止まり。。。
DSCF0443.jpg
遠賀の3号線付近なんですが、最近狙って追っている魚。 シャローの魚なのに、エア抜きが必要という回遊系の魚です。

この魚を釣っても、夕マズメが似合う男にはなれなかったんですが、コメント等聞いていて自分に何が足りないのか分かった気がします。  ボクシングの有名な方も言ってましたが、自分はそういうセンスが無いのかも、、、だからこそ納得するまで釣りしないと、上手くなれないようです。

日々、練習ですね。。。

壱岐トリップ!!

DSCF0435.jpg
壱岐島と言えば、ウニ!! 2500円するウニ丼が食べたかった~!!
という事で、2泊3日の日程で壱岐島へトリップ。

初めて行く壱岐島は、とてもいい経験になりました。  3日間エギング漬けだったんですが、暑さも心地よく感じられる自分にビックリしてます。

簡単な状況じゃなかった(水や風)んですが3日間で30杯近く釣れて、壱岐島の豊かな自然環境を垣間見ました。

広大なフラット地形や岩盤チックな地形、性格が違う釣り場が隣り合わせにある島も珍しいなと感じ、イカ釣りだけでもいいからまた来たいと思える数少ない島になりましたね。

DSCF0437.jpg
DSCF0439.jpg
DSCF0436.jpg

今回は生徒主体だったんですが、普段見れない光景も見れて3日間があっという間に過ぎて楽しかったです。

また秋に行くみたいなんで、その際はまた楽しみたいと思います。

明日から壱岐!!

昨日は釣りの試合でした。 日焼けが凄くて、首タオルしとけばよかったと後悔しました。

お陰で今は首が痛いです。

試合のほうはと言うと、狙いどうりの魚が1本しか入らず3本で1610g。
もっと練習しないと、上には行けませんね。  近いところでは2週間後に試合があるので、自分の納得ラインまでがんばってみます。


さて、今夜から壱岐に釣り行って来ます。 生徒と行ける数少ない機会ですので、楽しんできたいと思います。
よって、金曜日まで更新できません。 まあ4日更新しないのは、当たり前みたいになってきてますが、よろしくお願いします。

見失うタイミング!!

今日は運営で北山湖へ。  ヒューマンでは珍しく、かなりのハイウエイト戦で見ていて羨ましい光景でした。

そんな気持ちを抱いたもんですから、夕方から出てはみたものの、、、

ムズイ。。。

原因は解っているんですが、ワタクシの中で年2回来る『見失うタイミング』のはしりみたいです。 ハイランドレイク特有の表層ターンオーバーが、このタイミングであちこちに見られ、まるでお盆のようななかなか面白い現象が見れました。 ナベ氏に聞くと、夜は結構冷えたみたいでちょっと寒かったそうです。

夕方やって10本にも届かずじまいの、へタッピですね。

また機会があれば近いうちに行ってこようと思います。



そんでもって明日は遠賀で試合です。  練習もろくにしていないので、頭を軟らかくして望めると思います。
選手の邪魔にならない様に、隅っこの方で頑張りたいと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。