2008-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUYしました!!

ハイピッチャー

エコハイピッチャーの1/2ozをBUY。
3/8ozでは、流れの中で上手くトレースできない部分があり、モヤモヤした事があったんですがこの重さになって、戦略がとても広がる気がします。

この手のコンパクトスピナーベイトはとても重宝します。 小さいからスレバスに効くとかでは無く、ワタクシが思うに、体積が小さい分水を受ける面積が少ないのでいいのではないかと感じます。

皆さんはどのように思いますか!?
スポンサーサイト

巻いてきました!!

DSCF0270.jpg


今日は、巻いてきました。 オカッパリですが。。。

ブリッツのにきたオスバス。 この目、、、春を感じさせますな~。

今日釣った感じだと、もう少しでスポーニング本番みたい。 来週辺りボートの釣行も増やしてみようと思います。


短めのブログですいません。
明日は前から楽しみだった『お天気教室』。 RKBの龍山さんなんですが、凄く学べそうな内容なんで、久々生徒になった気分で学んできたいと思います。



続きを読む»

ルアーマガジン!!

ルアーマガジン発売されました。
DSCF0268.jpg

この間の伊東由樹さんの取材記事が載っております。
是非、手に取ってご覧ください。
DSCF0269.jpg

第10回!!

第10回になりました。 「自分で自分の首絞めます」のミニコーナー。  第10回とは早いですね~。 はたしていつまで続くのでしょうか(笑)

そんな感じですが、今日のお題は
                    『人的プレッシャー』
                                     についてです。
では始めていきましょうか。。。 第10回スタートです。

昨日も書いたと思いますが、この人的プレッシャーというのは昨今のフィールドにおいて、考えていかなければいけないワードの1つだと思います。

よくこんな事ありませんか!? 平日は釣れていたのに、大会当日や土日になると釣れなくなる事って!! 全ての要因が人的プレッシャーとは言えませんが、少なからず人的プレッシャーがお魚さんに影響していることは間違いないと感じます。

側線が発達しているお魚さんにとって自然界に無い音、つまり人工的な音(音波)は全て人的プレッシャーに繋がると考えてもらって構いません。
どういう要素があるか???

「エンジン音」「エレキトリックモーター音」「魚群探知機の音」「ラインの音」「ルアーの音」 等、挙げたらもっとあるかもしれません。
人間様が無意識に出している音が、お魚さんにとってプレッシャーになっているのです。

では、対処法は何でしょう!? 答えは簡単で「人工的な音」を出さない事に尽きます。。。もしくは釣りをしないか。。。

そうする事によって、お魚さんに対してプレッシャーを掛けずに済みます。 けど実際、あんたはどうなん!?って聞かれたら、ワタクシは胸張って言えるでしょう。

「ワタクシも人工的な音出してます!!」 っと。
たださっき挙げた中に、自分の注意力で防げる「人工的な音」もありますよね?  例えば、「エンジン音」だったり「エレキ音」、そして「魚探のパルス音」だってそうです。

空気中より音の伝わりが早い水中だからこそ、細かい事ですが注意して防ぐようにしています。

去年、「マスターズプロシリーズ」の最終戦(6位)だって、船団の釣りでしたが、注意する事によってその船団で1番魚を抜ける事が出来ました。
その時、具体的にやったことは、「魚探のスイッチを切る」「エレキを微力で踏み続ける」「魚の回遊ルートに船を入れない」  この3つだけです。 ただコレだけの事ですが、出来る人と出来ない人では全然違います。 船団になるような試合だと余計でしょうね。。。

話が横道に逸れましたね。
人工的な音を出さないように注意する。具体的には、「魚探のスイッチを切る」「エレキを微力で踏む」「エンジンでポイントを荒らさないようにする」「糸鳴り音を防ぐ為に細くする」 等です。

自分で防げるプレッシャーについては、極力抑えるように努力してみてはいかがでしょうか!?


次に人的プレッシャーが掛かりやすいフィールドの特徴を書いていきたいと思います。
DSCF0253.jpg

DSCF0254.jpg


この画像はとある日の遠賀上流で撮りました。  この2枚の画像にある、縦の太くて黒い帯、、、何か解かる人いますか!?
これは、ウエイクボートの航跡です。 1枚目は2mのボトムまで。 2枚目は2.5mまで、ウエイクボートのエンジンによって水が攪拌された跡があります。
要は、2.5mまで人的プレッシャーが掛かっているという事です。

何故か『遠賀川』の水は深いところまで攪拌されるんですよね~(笑)

それはさておき、コレに地形的&地質的な特徴を重ねていきます。  遠賀上流の地質の特徴は、『砂が堆積した地質』であるから、生物が隠れるエグレ等の地形が少なく感じます。
隠れる場所が無いということは、人的プレッシャーの影響を受けやすいということになって、お魚さんが口を使わなくなりやすいという事です。

その点では、同じ水質でも下流域(トーナメントエリア)の方が地質が違うのでエグレなどが多く、人的プレッシャーを受けても隠れる場所があり、口を使いやすいように感じます。

あと、プレッシャーを受けやすいようなダムの典型は、「湖岸線が狭く、地質が岩盤質or赤土質」なダムです。
旭川ダムもそのタイプに当てはまるようです。

あっ、因みに『北山湖』は人的プレッシャーの受けにくいフィールドですよ。 ただ、それでも週末は釣果が少し落ちるから多少はあるんでしょうが群れで行動しているので、1匹食べたら連鎖して食べるなんてことあります。 あくまでも、にくい!ですから。

自分が良く通うフィールドが、人的プレッシャーに強いのか、、、はたまた弱いのか。。。
そんな事をちょっと考えてみるだけで、バス釣りがとても面白いものになるかも(笑)


長々と書いてきました『第10回 自分で自分の首絞めます』のミニコーナー。 いかがだったでしょうか!?
人的プレッシャーの解消法と、プレッシャーの受けやすいフィールドの特徴を書いてみました。

毎回書きますがあくまでも自論ですので、、、チラ見スタイルの閲覧で。 そして鼻で笑ってやってください。

それでは、『第11回』のそのときまで。  失礼します。。。

予告!!

明日、例のコーナー書きます。

今回のお題は、『人的プレッシャー』 についてです。

昨今のフィールドでは、切り離せないワードの一つです。 コレについて書くので、明日は流し目スタイルの閲覧をよろしくお願いします。

細川スベる!!

雨ですね。。。  ワタクシ、学校関係の所用で福岡に居ました。

なんと、釣り科を代表して3分くらいスピーチをする機会がありまして。。。
自己紹介代わりに『臭い・汚い・気持ち悪いの3Kでお馴染み「釣り科」の細川です!』と自虐ネタを言いましたトコロ、波風一つも立たず逆に鳥肌がハンズアップするという、見事なスベリっぷり!!
100人強の大人がクスリともせず、空調の音が聞こえてきました。
別段おもしろ人間でもありませんし、皆さん初対面の方ばかりなんで、気にしていません。

ただ、そこらへんのギャップを今後は磨いていって、ナイスミドルな高田純次氏みたいに下ネタをサラっと言える大人になっていこうと思います。


いや~、しかし大人数の前ってやはり緊張しますね。 噺家さんや、お笑い芸人さんはやっぱり凄いですね。 お客さんのハートを掴む術持ってますし、人を笑わせるって凄いことやと思います。
ワタクシも、少人数の人前で話す事が多くなってきてますが、内容が50%も伝わってないんじゃないかなと感じてます。
釣りという、どちらかといえば感覚的な部分が多いスポーツで、どうわかりやすく伝えるべきか!? まだまだ、勉強不足ですな。。。

とりあえず今からコレ見て勉強です。
DVD

フライでアゲアゲ!!

今日は、潮周り的にも大好きな『若潮』。  釣りに行かない手は無いと、後輩早野の誘いを受けて『北山湖』に行って来ました。

今回の釣行目的は、その時の魚の状態でワームを変えるというもの。。。
簡単と思いきやかなり難しい作業で、同じ場所なのに釣果に大差が付いてしまいます。

今日使ったのは、このワーム達。
DSCF0264.jpg


それぞれ異なった長所を持つワーム達です。
上から、フライ、マイクロクロウラー、アライブシャッド、バスミノー、デットリンガー。

一番釣果を挙げたのが、『フライ』。
昼間、風が吹いていた1時間以外はほとんどこれです。  このことから、結構タフな活性だったのが推測できます。

DSCF0255.jpg


DSCF0259.jpg

昼間もポツポツ釣れたんですが、楽しみは夕方のマズメ時でした。

魚自体も、大分動き始めたんでしょう。 夕方1時間足らずで20本近く ほとんどが450g以上のナイスサイズばかりで凄く楽しめました。
DSCF0261.jpg


「流石、若潮パワー!侮れんな!!」 っと心の中で呟き、妙に納得したトコロで終了となった訳です。


久々スピニングを握り、シェイクがとてもぎこちなく感じましたが、そんなワタクシでも相手してくれる北山湖のバス、、、とっても楽しいですよ!!

平和でした!!

遠賀上流でした。
土曜ということもあって、10艇以上の船がでてました。 

どうやら昨日の夕方から高気圧が張り出したお陰で、お魚さんは具合悪そうにしていました。 しかも潮周りが微妙なのも影響しているんでしょう。
盛り上がらない活性に、ワタクシの心も盛り上がりに欠けた状態でして。。。


2つの可能性を、今日は試したのですがその2つとも返事が返ってこず、、、今日は、納得がいかないサイズ2本で終了となった訳です。
今日の船上は到って平和でした。

明日はショップさんの大会があるみたいだから、邪魔しない様に釣りします。

短いですが、失礼します。


水温上昇!!

クランク

今日も楽しく、フィッシン グ~(GOOD)でお馴染み、『北九のエドはるみ』ことHGです。

午後から遠賀上流に出船してきました。  ここ1週間の水温上昇っぷりは凄まじいものがあります。
先週の木曜日は6℃台でしたが、1週間後の今日は13℃台後半まで上昇してます。(ワタクシの水温計で) 1週間で7℃水温が上がってきて、デカイ魚が沢山釣れると思うでしょう!?
ところがドッコイ!!逆に釣れません。 いつも通りの釣りしてたら、多分0で終わってました。

魚が賢くなっているので、それを利用した釣りを行いました。
まだ、ディープにいる魚(2.5m以深)をターゲットにして6本 DSCF0246.jpg

DSCF0248.jpg

DSCF0249.jpg


明日の朝に雷雨らしいので、一旦水温も落ち着くんではないでしょうか!? それに水が綺麗なので、濁りも欲しいトコロです。

明日の雨がちゃんと降ってくれたら、土日はイイ釣り出来るチャンスですよ。

プレガイド(無料)受付中

 ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

お気軽にお問い合わせしてください。

釣れてますよ~!!

今日は、遠賀川上流へ。。。
200803101259000.jpg

すいません、今日はデジカメではなく携帯の写真なんで、見づらいです。 ごめんなさい。
1本目は定番『ウイグルワート』
200803101301000.jpg

40cmくらいの魚でガッツリ喰うとりました。

ちょっと閃いたことがあって、それを試すとドカン!!
200803101328000.jpg

40後半のナイスサイズです。

ここから、プチラッシュが始まります。
200803101521000.jpg
200803101638000.jpg
200803101514000.jpg

飽きない程度にナイスサイズが遊んでくれます。 
先週の冷え込みのストレスから開放されて、一気に食べてる感じです。
少なからず、昨日の雨の恩恵は受けているでしょうが、それにしても異常ですね。
200803101719000.jpg


トドメの1本!!
200803101719001.jpg

たぶん50cm行くか行かないかぐらいですね。


今日は午後から出て全部で8本。 釣り方が特殊ですが、釣れれば全て40オーバーです。

今の遠賀川、狙って45オーバーが獲れます。 1年でも中々ないチャンスです!!



プレガイド受付中

 ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

今日から1週間プレガイド(無料)始めてます。 興味のある方は是非ご連絡下さい。 よろしくお願いします。

クランクウィーク!!

気圧配置をみて、おし入れの中からクランクベイトを引っ張り出してきました。

今日の午後降った雨により、今週1週間はクランク日和になっていそうです。  とりあえず明日は巻いてみようよ思います。


ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

明日から1週間プレガイド(無料)始めます。 興味のある方は是非ご連絡下さい。 よろしくお願いします。

ガイド詳細!!

今日も昼過ぎまで、遠賀上流に居ました。

伊東さんが遠賀川を気に入ってくれたみたいで良かったです。
『またよろしくお願いします。』 と伊東さんが言ってくれたので、『こちらこそ、またよろしくお願いします。』 と熱いシェイクハンドで別れを告げました。

そんな感じで、今月発売されるルアーマガジンさんをよろしくお願いします。



んで、このタイミングでガイドの詳細を書いておきます。

ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp
 まで

料金は2名でも変わりません。 ライフジャケットのレンタルいたします。 来週1週間はプレガイドと銘打ってガイドフィーを無料にします!! 天気予報を見る限りでは、12日水曜日から14日金曜日までイイ感じの天気です。 この3日間に関しては、巻き物祭りが開けそうなのでオススメな日です。 興味がある方は是非ご連絡下さい。 一緒に楽しい時間を過ごしましょう

取材お手伝い!!

ルアーマガジンの取材で、遠賀上流にお手伝いしてました。
お手伝いしている方はメガバスの社長、伊東さん。

とても厳しい状況でしたが、雪代のタイムラグを利用した結果、なんとか釣っていただきました。 肩の荷がおりました

今月に出るルアマガに載るので、伊東さんの記事をご覧になる機会があれば見て下さい。



明日も引き続き、遠賀上流で取材です。 暖かくなってきたのでクランクベイトでも釣れるかなぁ~。
Zクランク


明日にガイドサービスの概要を、このブログに載せます。 興味ある方は、このブログを覗いて見てください。

オカ調べ!!

昨日今日の不規則な生活がたたり、2度寝してしまいました。

昼過ぎから雪の状況を見つつ、遠賀近辺にてオカッパリ調査してきましたがボーズ。 昨日の雪というより、一昨日の雨がとても影響しているみたいで濁りが入り、うんともすんともいきませんでした。

難しいですが、明日明後日と取材協力で遠賀上流に浮きます。 
いつもの如く、画像をアップ出来るか解かりませんが、楽しんできます。

では短いですが、このへんで失礼します。

黄砂ですね!!

KO---SA---!!    黄砂です。  一番迷惑な輸入モノですね。

車汚れるし、目痛くなるわで最悪です。

今週はとある方を遠賀上流でサポート、、、 正直、タイミングがチョイ悪ですが、釣れるように頑張らないと!! と思っている次第であります。        実は、結構プレッシャーです。。。

明後日から遠賀上流に入るのでブログ楽しみにしといてください

短いですが、このへんで失礼します。。。

第9回!!

第9回のミニコーナー 今日のお題は

                     『ラインの使い分けについて』
                                       です。 早速書いていきましょう。

ラインでも、フロロラインやナイロンライン、PEラインなどの種類がありますが、今日はメーカー別フロロラインの使い分けについて書いていきます。

各メーカーさんにより、同じフロロラインでも若干の違いが見られるようです。 伸びない硬いフロロラインからしなやかで軟らかいフロロラインまで多種多様です。

メーカー別に書いていくと、、、

伸びない硬いフロロライン= Tレ Sライン Dエル
しなやかで軟らかいフロロライン= Eグリーン Bバス 
など大手ラインメーカーはこのくらい。。。


このタイプの違うフロロラインを釣りのリグ別で使い分けることで、少しではありますが釣果に差が出てくるようです。

伸びない硬いフロロの長所は、感度がイイ。 アクションがダイレクトに伝わるという長所を持ちます。
シャッドやジャークベイトなんかは、ダート幅が変わったりするのでこの手のフロロラインをオススメします。  あとは、ディープウォーターのボトムの釣りなんかも、硬いラインの方がアクションが付けやすいですね~。

短所は、伸びない硬いがゆえに中層のレンジキープがしにくい事。 コレに関しては、ワタクシの実験結果ですから『下らん事言ってるよ、バカじゃない!!』って思ってもらって構いません。
中層の釣り(ミドスト)をやっていると、どうもラインが水を切っている=リグが動いてない ように感じます。
硬いので、ラインが受ける抵抗(水圧等)が少ないのではないか っと考えているんですがDOなんでしょうね。


しなやかで軟らかいフロロの長所は、硬いフロロの短所の逆。 レンジキープがしやすい事に尽きます。 この手のタイプはラインが適度に水を受けてくれますので、レンジキープを必要とするミッドストローリングには最適なラインと言えます。

短所は、ダイレクトにアクションが付けづらい点です。 適度に伸びるので、アクションのキレを出すのには向いてないのかも知れません。


このようにフロロでもメーカーさんによって違いがあるので、自分の釣りに合ったライン選択も楽しいかも知れませんね~。
ワタクシの場合、中層を扱う釣りにはBバス、ボトム系の釣りにはTレという使い分けをしています。

ただ、フロロを選ぶ基準は意外に『水温』で変わるという事を付け加えておきましょう。 粘性が変わるとアクションも変わりますからね。。。


第9回の『自分で自分の首絞めます』のミニコーナー、いかがだったでしょうか。
あくまでも自論ですし、流し目スタイルの閲覧でちょうどイイくらいだと思われます。

皆様の参考程度になればと思い、書かせていただきました。

それでは第10回のそのときまで、、、失礼します。

所用の為、『自分で自分の首絞めます』のコーナーは明日書きます。

楽しみにして下さっている皆様、申し訳ございません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。