2007-08

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回!!

さ~、やってまいりました第3回『自分で自分の首絞めます』のミニコーナー。。。 毎度の事ながら、ワタクシの自論ですので、流し目スタイルの閲覧でお願いします。

第3回のお題は「マズメ」について。。。 朝マズメ、夕マズメっていうアレですね。

そもそもマズメってなんでしょうね? 一般的に言われるのは、魚の喰いが立つ時間と認識されていますよね。 ワタクシもそう思っております。
では、違うフィールドで同じマズメ時ってのがあるのでしょうか? 例えば、佐賀の北山湖と遠賀川では、マズメ時が一緒なんでしょうか?
その答えはノーです。

遠賀川は朝マズメより夕マズメが絶対釣れます。 方や、北山湖、、、ワタクシの考えでは、朝マズメと夕マズメ、大差無く釣れる気がします。
北山湖で日暮れまで釣りしたことがある人は、感じた事があるかもしれませんが、太陽が山に落ちた時から釣果が落ちる傾向が見られます。
それが遠賀川は無い。太陽が落ちて暗くなっても、釣果が落ちることな
く釣れます。

この違いを、ワタクシはメインベイトの違いと考えています。

遠賀川のメインベイトはテナガエビ。 北山湖のメインベイトはワカサギです。 テナガエビとワカサギでは、活動時間が違いテナガエビが夜、ワカサギは日中活動しています。

推測ですが遠賀の場合、光量が落ちる夕方からテナガエビがエグレや穴から出て活動しますよね?それに併せてバスも捕食に入っていると考えています。 光量が少ない時間帯から捕食に入るので、聴覚が発達しているバスが多いです。 遠賀川でクランクベイトのボトムノック、テキサスリグ、ラバージグが釣れるのはそのためだと考えます。

北山湖はその逆のケース。ワカサギが活動を始める朝と活動を止める夕方に捕食に入ることが多い様です。

すべてがこの通りではなくて、メインベイトによってマズメに偏りが出来る訳です。 遠賀川でも魚をメインベイトにしているバスもいます。
そのバスのマズメ時というのは、朝ですもんね。 そのバスの好みによって、マズメ時が違いますよ!っていう話でした。

自然条件(満月、カレントの有無等)でマズメ時間に捕食に入らない場合も出てきます。 そんな時は、その次のマズメ時に捕食する魚が増えるので、この事も覚えておくと良いかもしれませんね~。

今日は、『マズメ』というワードを、メインベイトの活動時間という要素から斬っていきました。 短いですが、参考程度にはなったでしょうか? まあワタクシの自論なんで、参考になるか解かりませんが。。。

では、第4回のその時まで、失礼します。。。
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。