2017-06

Latest Entries

ネリネリネリ~ね!!

GW中盤には毎年恒例になりつつある、宮崎までのタイラバ釣行。

お話を聞くと、今年の真鯛はすこぶる調子悪いとの事。。。  まぁ素人なので、タイラバが出来て何か感じられることが出来ればそれでいいと思っている釣行なので、お気楽フィッシングです。

知り合いの船なので、魚探を見ながらベイトの付き方と鯛やカンパチなどの付き方を見ながらやっていきます。
画面を通して見えるのは限りなくヤル気が無い感じ。 落としたタイラバが真下に落ちていくので底潮も流れていなく、まったりとした雰囲気でかれこれ4時間くらい過ごします(笑)

そうすると西寄りの風が吹くようになり一気に大荒れに。。。

ちょっと嫌な荒れ方でしたので、出来ても1時間が良いところ。

魚探を見るとハンプの周りにタイやカンパチが居てハンプにベイトが居るように見受けられたので、反応があるスポットにタイラバを落としていくと、巻上5回転でドスン!!

ドラグをギュンギュン出してファイト!
上がってきたのは5キロほどのカンパチ。 別名ネリゴ
ねり



結局、ウサギどころかカンガルーが飛ぶくらい大荒れになってしまって12時までの短時間釣行となってしまいました。

X軸とY軸!!

GW釣行3日目。  仕事関係のお付き合い&お楽しみで鹿児島県は志布志湾でタイラバしてきました。
IMG_2660.jpg

結果画像の5200g含め9匹釣り上げたのですが、頭の中ではX軸とY軸の組み合わせをあたまでイメージしながらの釣り。

これは最近ボート釣りで意識することなのですが、X軸(深さ)とY軸(距離)で水中にあるラインのイメージを作り、どの点で魚がバイトしてくるか?? というのを意識的にメンディングして釣りをするのです。

今回の釣行ではファーストフォールかセカンドフォールでの着底でデカいやつが口を使うような状況で、タイラバが水平ではなく垂直気味にスイミングする動きを如何に意識するかが重要なようでしたね。
わざとウエイトを重くしてなるべく垂直に動きを持っていくとあたるような感じでした。


この考え方はバスの巻きモノの考え方から似せており、動きの変化する点を探るようにやっていく練習です。

潮の動きを読むという意味では海の方が難しいので、きっかけがあればまたまた勉強しにタイラバ行きたいと思います。

スズキのムーチング!!

DSCF1137.jpg
裏の山を越えると、雑誌でも有名な『遠賀川の河口』に着きます。 玄関開けたら2分で云々ってな状態です。

今日は高校からの友人に誘ってもらい、河口の芦屋漁港にてスズキのムーチングに1日興じてみました。
バス釣りとは若干趣旨がズレていますが、エサを巧い事誘導しないとバイトしてこなかったので、磯釣り師になったつもりで仕掛けを流していました。

エサはコノシロ。
DSCF1134.jpg
コノシロの群れが偏光グラス越しに見えるんで、群れが来た時に群れの外側にあえて投入。 バスでもなんでもそうですけど、群れの外側に居た方が魚食魚に狙われやすいのでそれを演出するのが重要っな気がします。

この釣りには深みがあまり無いように思いますが、バス釣りでのレベルUPのキッカケになったりします。 今回実際やってみて、なるほどな~って思う事が多々ありましたし、バス釣りに病んでる時は尚更イイかもですね。


美味いかどうかは別として、なにより食べられる魚を釣るっという事が1番大事!? 「いっつも食べられん魚ばっかり釣って」、、、等 言われるんでですね。  たまには持って帰りますよん!!
まあ、明日は食べられん魚を釣る予定ですけどね。。。

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク