2017-03

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます!!

新年もよろしくお願いします。

今年の釣りのテーマはズバリ「釣りきるメンタルの確立」
ここ数年ば、フィールドの特性を知るという部分を重視していたので、魚を釣りきるという行為に赴きを置いていませんでした。
試合などで釣りをしていても疑心暗鬼になりがちでしたし。

今年にかんしては「釣る」という行為に赴きをおいて、釣れなくても崩れないメンタルを作っていくという作業をしていきます。

釣りに行く日はノーフィッシュにならない努力をする!! 最後まで諦めないということを目標に今年1年の釣りをやっていきます。


今年1年もよろしくお願いいたします。  とりあえず明日の初釣りだな~。
スポンサーサイト

ベイトフィネスの限界!!

先日はJB九州最終戦でした。 状況的には気圧が低かった朝のタイミングで如何に釣るか? な状況でしたが、前日練習に入れなかったこともあり、前半2時間は水を見て回る時間に充てて、あとの4時間で3匹釣るという目論みでした。


中流域にそれらしきエリアがあり粘ってみましたが、ショートバイトの連続。 ここぞの場所だったので、良い魚も居たでしょうが明らかに口を使えない状況(ドッグDAY)だったので、テトラ撃ちにシフトししました。



気圧が急に上がるとテトラ」やカバーの魚がまだ口を使えるので、それ狙いだったのです。




狙い通り、一番浅いラインで手長エビやイナッコを追っている700g前後の魚がいましたね。




昨今ではこのような魚はベイトフィネスの釣るのが主流なようですが、スピニングタックルで誘った方が明らかに反応が良いようです。


撃って釣れるような釣れ方ではベイトフィネスに分があるのは間違いないのですが、当日の状況ではテトラの最奥を平行~斜めにスイミングでトレースすることがとても重要だったので、その誘いが出来るスピニングタックルが必要でした。

スピニングタックルはラインスラッグの処理がとてもしやすいのが特徴で、スラッグを出す釣法では絶対スピニングタックルの方が優位になります。 ベイトタックルでは、スラッグが出にくいのでアクションが直線的になりやすく、スイミングには向いていないのです。



そんなこんなでスピニングで狙ったのですが、食わせることが出来ても取り込む事がとても難しいです。(4バイト1フィッシュ) 

当日は4.5ポンドを使っていましたが、5~6ポンドでも良かったように感じますね。 流行とは逆行してしまいますが、カバーの中でスイミングさせるような釣りでは、5~6ポンドラインというのがとても使い勝手が良いのでしょう。




PEラインを使ったパワーフィネスでは、アクションがだめになるし難しいところではありますが今後覚えていかなければ行けない必須の課題が出てきましたね。

癒しのリバーフィールド

小倉に単身赴任にきてはや3ヶ月。
仕事終わりや、仕事雨の時など時間があるとここに吸い込まれるように竿振っています。


小倉南区を流れる「竹馬川」 色々サーチして釣り禁止ではないことを確認したので、名前を出せます。
繧ケ繧ウ繝悶Ν_convert_20140804184300



このフィールドは、集水域が極端に狭いのにフラット地形で水草が豊富なので、生物相がとても豊かな河川です。
フラット地形なのに、集水域が狭いので水はクリア。 ですので、普段の釣りは水草を利用したりしないとルアーを騙せないのでかなりセレクティブなフィールドですが、濁りが入ったときは別!!


視覚で餌をとっていた魚が聴覚などの感覚で餌を捉えるので、ものすごく騙しやすくなります。




この川で釣果を得ているときはだいたい大雨で濁っている時。

足場が高いのでオートに潜ってくれるクランクベイトがとても活躍しますね。

バイトしてくる水深は50cmくらいですので、必然的にビッククランクベイト(HTなど)やシャロークランクベイトになるわけですが、数釣りをしたいならスコブルクランクですね。
発砲特有の、障害物に対して軽いタッチでかわしていきますので、水草を拾うことなくアピールを続けられます。



雷魚もパッと見90オーバーいますし、ブラックをコンスタントにデカいので小倉にいる間はこのフィールドに通うことになるでしょうね。

カワウの生態!!

北山湖の魚が減ったとされる要因の1つ、カワウの存在ですが調べたらこんなことが書いてあります。

水中で浮力が働かないと水中を移動するコストが減るため、潜水をする際に必要なエネル
ギー量が少なくてすむという長所がある。一方、水がしみこみやすい羽毛の保温性は他の水
鳥の羽毛に比べて低いため、カワウは水中での体温維持に多くのエネルギーを必要とする。
カワウが1日に必要とする餌量は約500gと言われているが、鳥にしては随分多量の餌を必
要とすると、感じた方も多いだろう。カワウは、潜水行動に特化し餌を取る能力が増した分、
体温を保持するためにたくさんのエネルギーが必要なので、このように毎日たくさんの餌が
必要になると考えられている。


ここでの注目は1日に必要な餌量。
約500gということは、北山湖のアベレージに換算して1日1匹か2匹といったところ。

言われているようにカワウが個体数の減少に関与しているなら、カワウ何羽居ればいい?? そして水中のブラックバスは何匹居ることになるのでしょうか??

生きてますよ~!!

初めて1ヶ月近く更新を怠りましたね。 そうこうしている内に、あと2週間でプロ戦の開幕です。




先週の日曜日はGBツアーに参戦してきましたが、案の定ノーフィッシュの終了。



もともと北山湖におけるこのタイミングは苦手と言うか嫌いなので仕方ないと割り切って、次回の釣行に備えなければいけませんね。




収穫が無いというとそんな事は無く、ヘラブナの位置からブラックバスの位置関係がわかるので、おおよそ湖の傾向は掴めては居るのです。




この傾向を元に、金土日の3日間を練習に当てて2週間後のプロ戦に合わせていきます。


って事で、来週は画像付きの更新をしますね。

«  | ホーム |  »

プロフィール

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。