2017-06

Latest Entries

流れ込みを科学する!!

本日の更新は、ちょっと考察系の更新へ。 というのも、ご存じある方はあれでしょうけど週一ルアマガモバイルの更新が2週に一回の隔週へ変わりましたので、文字を書く頻度が少なくなってきています。

こりゃイカンばいって事で、2週に1回くらいの割合で考察系の更新を増やしていこうかと思っておる次第です。

んで今回の考察内容としましては、「流れ込みを科学する」 です。

ここでの流れ込みはドレイン系の小さな流れ込みの事で、川筋の話ではないってことを最初に言っておきます。
そもそも意味合いが違うのでごっちゃになるといけませんからね。


流れ込みが持つ意味は、お助け係りだったり悪者係りだったりします。 
流れ込みといっても色々な要素があるわけで、その時に流れ込みが良い要素なのか悪い要素なのかを判断していかなければいけません。

考えるべきは魚にとって良い流れ込みであるのか? これに尽きますね。
川筋が雨などで水質が急変した場合に、比較的安定している流れ込みに差したりする場合が多いです。
それとは逆に川筋で水質が安定しているのに、流れ込みの水質が濁っていたりする場合もあります。

現時点での川筋と流れ込みの関係性を考えなくては、やみくもに流れ込みを釣っていっても釣果に結びにくいと思われます。


ここ最近の身近なフィールドでいうと、活きている流れ込みは畑など平野部を流れていない流れ込みなんですが、理由は代掻きの水。 そして梅雨の雨で余計にオーバーフローしてしまうので、このような流れ込みはダメダメなことが多いです。

時期時期でも意味合いが変わってくるので、狙っている流れ込みがどのような要素を持っているか考えなければいけませんよ。

本日の釣行では、近所の川を舞台に流れ込みに差してくる魚をアベンタRSで仕留めました。
IMG_2072 (2)

本日の状況としてはここ数日の雨で周りの田んぼの水が川へ流入。雨の濁りと相まって低気圧ですけど活性は低い感じ。
ですので田んぼに関係のない流れ込みが一つのキーポイントになるわけです。
濁り水の方が質量が多いので下を這っていく性質があり、クリアな水が上を這っていく状況。
クリアな流れ込みに差すのは水鳥から狙われる関係上リスクがあるので、濁り水との境(水深30cm)にサスペンドしています。

これをむりやりコールアップさせて釣っていくんですが、1本何とか出てくれましたね。

梅雨時期で低気圧バリバリですけど、水質変化で表層に出きらない状況も生まれてくるので、色々考えを巡らせないとダメですね~(笑)

水質がコロコロと変わりやすいこの時期だからこそ流れ込みが持つ意味をもう一度考えるきっかけになればいいかなって思ってます。

第41回!!

最近は中層の釣りをもう一回見直そうというか、復習しようという気持ちがふつふつと芽生えて実行しております関係で、今回のミニコーナー更新では中層の釣りで何を意識してやっているかを書いてみようと思います。



題して 『中層の釣り 再構築 篇』 です。



再構築篇を書いていく前に、前までの中層の釣りの意識を書いていきましょうかね。



かれこれ中層の釣りに出会ったのは2002年の琵琶湖ですかね。 当時まだミッドストローリングなんて言葉がなくて、名古屋釣法と呼ばれていた時代です。
私自身、琵琶湖で出会ったので1/64ozジグヘッド+スタッド5インチやデスアダー5インチを使って、ノーシンカーリグをロールさせるような感覚で使っていたのを覚えております。


ですので、最初の頃は軽めのジグヘッドを中層で泳がせる くらいの認識でした。



そこから1/16ozに派生して、ワームもカットテール3.5インチに変化し、3~6mの中層をトレース出来るように自分で考えていったんです。
当時、気にしていたのは今でもそうですが、リグが何mを泳いでいるのか?という事だけで、あまりアクションがどうとかは考えていなかった様に思います。



1m沈むのに何秒掛かって、トレースしたい層を探るのには、何秒フォールさせないといけないのか? ソコだけですね。



レンジが合えば、当時はそこそこ釣れていたので、深く考える事はしませんでした。






ところが今はどうでしょう?? 春=ジグヘッドという図式が成り立って、魚にもバージンインパクトが無く、それとなく過ごしている感が否めません。
細分化もされてきていますが、美味しい思いをしているのは一部のアングラーだけな様に感じますし。


こういう思いを打破する為に、もっと意識するところは意識して、感じて中層の釣りをやってみようというのが最近、中層の釣りを復習しようと思い立った経緯なんですよね。


別の疑問点から結論に至った『理想のルアー姿勢』と『アクションの変化』という点を中層の釣りにもフィードバックさせる事で、中層の釣り 再構築は始まりました。


上記の2点を考えさせられたルアーとして、クランクベイトがあります。


シャロークランクからディープクランクまで、共通しているのは魚がバイトしてくる点に在りまして、ソコを考えていくとルアー姿勢の変化とアクションの変化で魚がバイトしてくるのが分かります。
その姿勢やアクションを保持する為に、ラインの素材を変えてみたり太さを変えてみると、その点でのバイトが明確に出るようになり、結論に至ったのです。


その結論を、中層の釣りにフィードバックさせると、その点でのバイトを中層の釣りでも感じられるようになりました。


その点の1つとして、中層の釣りをしていてキャストからリグが手元に戻ってくるまでに、レンジキープが上手くいかなる点が出てくると思います。 そしてそれはキャストからリトリーブを開始して約半分の距離(キャストが20mの場合10m)くらいな筈。
上手くいかなくなる=レンジキープが出来なくなる と一緒なので、その点からルアー姿勢の変化、アクションの変化が生まれます。



チャターベイトのふらつきがバイトトリガーと考えられるなら、その変化でもバイトトリガーとなる筈で、追ってきた魚がこの点でバイトするのも理解して頂けますよね。



現実にはルアーの飛距離+深さがあるわけで、ラインの重さや揚力を考えていかなくてはいけませんが 再構築篇の考え方はこのようなものです。


ではコレを生かすために更に考えることがあります。
それはアクションの変化する点に魚の居るスポットを合わせるということなんですよ。 アクションが変化する点に魚が居なければバイトも産まれない訳です。


約半分の距離に魚が居るであろう自分が狙っているスポットを合せて、アクションの変化でバイトさせるようにしていきます。



例えば水深8mの水中ティンバーのトップをジグヘッドで狙う場合、ジグヘッドが1m沈むのに3秒掛かるとすると、21秒+ラインの受ける抵抗の分3~4秒で25秒フォールさせてリトリーブ、、、キャスト半分の距離くらいに水中ティンバーを合せて、そこに居る魚をアクションの変化でバイトさせる。  っといった感じですかね。





これをなんとなくやるのか? きっちり計算してやるのか?では大きな違いが生まれてくるはず。
中層の釣り全般に当てはまる事なので応用が利くし、シャローの釣りにもカバー周りの釣りにも応用できます。
キーワードは「アクションの変化と姿勢の変化」です。


中層の釣りはまだまだ奥深い事が残っているでしょうから、再構築できた後でも学ぶ事が多くあるように思います。 日々進化ですのでちょっとずつ上手くなっていければ良いかな? っていう思いで書かせていただきました。
毎度毎度ですが、あくまでも自論ですので流し目スタイルの閲覧で。  思いついたときに書かせていただきますので、隔月ではありますがよろしくお願いします。

第40回!!

なんとなく節目な感がしたので更新しましょう。 第40回目の「自分で自分の首を絞めます」のミニコーナーです。



今回のお題は『魚探掛けの効率化』です。



今でこそ魚探掛けにハミンバードやローランス等のサイドスキャンがありますので、魚探掛けはあまり重要な作業ではないのかもしれません。
ワタクシはそのような機能をもった魚探を未だ持っていませんので、あくまでも想像の世界で湖底を見ていますね。 今回のお題である魚探掛けの効率化というのは、魚探を掛ける前にどういう方向で掛けたら良いのか? どういう障害物があるとどういう意味があるのか?などそんなことの手助けになればと思い書かせていただこうかと思っている次第です。




先ず魚探掛けをする前に、そのフィールドがどのような特性を持ったフィールドであるのか? ある程度知っておかなければ魚探掛けの効率化には繋がりません。


ワタクシのホームフィールドである遠賀川下流域を例にとると、



「南から北に流れていて、昔炭鉱があって石炭を運ぶルートが遠賀川上に在った、昔はアシが豊富で堰が無かった為に地形が平坦(砂浜の地形)である」



ここまである程度知っておくとかなり魚探の効率化が図れます。



砂浜の地形であるという事は、チャンネル上は砂が波を打っている状態で、流れの強さによってその砂の波の大きさが変わると言う事。地形の波が大きく長く波打っているのであれば、近々は川が流れていた状態で、流れが巻く地形には堆積が見られて、流れが当たる地形には浸食が見られる。



流れは上流から下流に行くわけですから、流れに沿った形でしか浸食は見られないハズですので、浸食(エグレ等)を見つけるには流れに対して直角の角度で魚探を掛けてあげれば見つかります。



自然の力でそういう地形が出来るには、底の固さの違いも重要になってきます。 良く浸食される地質は、固いもの(岩など)の近くにある柔かい地質なので、浸食が見られるところの近くには固い地質がある事が分かってきます。


これは自然に出来る地形の一例ですが、人工的に埋めた障害物も同じような事が言えます。

護岸やテトラなどを何故入れるのか?というと、その場所が浸食されてしまうと氾濫などの災害が起こってしまうから入れるわけです。
それを逆に取ると、その場所は柔かい地質であって崩れやすい事を意味しています。 アウトサイドベンドにこういった障害物が多いと言う事は、実はアウトサイドベンドは地質が柔らかいと言う事なんですね~。



人工的に入れる理由として流れを変えるということも考えられます。

沖に伸びているテトラや石積みはそういう役目を持っていて、沖に伸びている障害物は流れを滞留して、周りの地形を大きく浸食させるので、流れが変わるんです。

そういった地形は流れに対して直角にあるので流れに沿った形で魚探掛けしていくと見つかります。




天然モノは流れに対して直角に、人口モノは流れに沿った形で、魚探掛けしていくとおのずと見つかりやすいので、初めていく川などの浅めのフィールドでは有効な見方になるかと思われます。 何を知りたいのかで魚探掛けを行う方向があるとだけ覚えておいてくれればこれ幸いです。


水深の深いダム湖のようなフィールドにはまた違った効率の良い魚探の掛け方があるのですが、それはまた別の機会に書くとして今回は、ホームフィールドである遠賀川を例にとって、魚探掛けの効率化のお話をほんの少しお話させていただきました。




なかなか難しい事を書くのもどうかと思いますし、あまり興味の無いお話かと思いますので程々にしないといけませんね。 今後もチラ見程度の閲覧で良いのでお付き合いの程よろしくお願いします。


次回からはパワーアップして帰ってくるかも?しれません。 出来ることならチャレンジしたい分野でありますので、ちょっととある方面に相談してやってみようかと思います。

第39回!!

隔月となってしまいましたが、忘れていません「自分で自分の首を絞めます」のミニコーナー。

39回目のお題は『コリオリの力』 についてです。



まずコリオリの力について聞いた事もない方がいるかと思いますので、説明します。
簡単にいうと 地球の自転による慣性の力 なんですが、釣りに意外と関係している事が多々あります。



このコリオリの力と言うのは、地球の北半球では右向き、南向きでは左向きの力が働きます。
解かりやい自然現象でいうと台風ですかね。 北半球では右向きの力が加わり左巻きの台風が、、、南半球では左向きの力が加わり右巻きの台風が生まれます。


もっと難しい話で行くと、流入水がダム湖に到達して最終的に流入水の力の終着点で北半球なら左巻きに、南半球なら右巻きに流入水が巻いていたりしますね。(計算でおおよそ巻く位置が特定出来ます)
↑に関しては、ダム湖の最上流攻略やリバーシーバス攻略に役立ちますので、興味がある方は流体力学等の専門書をご覧になっては如何でしょう。


まあそんな難しい話は置いといて、コリオリの力を釣りに利用できる部分がありまして、それを今回は書いてみようかと思っています。




バスフィッシングというのはアメリカが本場で、ルアーはアメリカの国土や風土が基準に考えられているものです。 アメリカが幸い北半球に存在していたから、日本でもその考えが通用したのだろうと思う事が多々あります。
北半球と南半球では根本的に力の加わる方向が違うのだから、北半球と南半球では魚の性質が根本的に違います。
魚が捕食する方向や魚が意識する方向が変わってくるのですね。



北半球の魚は釣り人目線でいくと、右方向から左方向へ捕食することが多い為、アワセの方向としては右方向へのアワセでフックアップがしやすくなります。 

面白い話で言うとご存知の方がいるでしょうが、エクスキャリバーフックというトリプルフックはこのコリオリの力を計算されて作られたフックなのです。 左方向に捻られたフックで、良く考えられているフックだなぁ~と今でも思いますもんね。





それを考えていくと、右回転のバズベイトと左回転のバズベイトがありますよね!? それがこのコリオリの力に関係しているなんて知っていました!? そうなんですよ~。


バズベイトの回転なんて気にしない方が多いのですが、プロペラが右回転のバズベイトが殆どなんです。 これをコリオリの力に当てはめると説明つきますよね。

ただ左回転のバズベイトがあるように、左回転が必要とされることがあるのです。




普段北半球の魚は右向きの力が加わって生きているため、左方向に力が加わる何か?には非常にイラつき?違和感?を覚えるのですね。 
北半球に居る魚にとって左方向に向かうバズベイトは、イラつき?違和感?を感じて反応しやすいのです。


右回転のバズだとあまり釣れなかったのに、左回転のバズにしたとたんイイ魚が釣れる様になったことが、過去の経験からあります。 そういう意味では左回転のバズベイトと右回転のバズベイト、両方持っていないといけないし、意味を理解してキャストする事が非常に大事だと思います。




自分がバズベイトで意識する事は、先ず魚にとって違和感イラつきを感じる左回転のバズベイトから投げて、ファーストインパクトで魚を出して、それに反応しなかった魚を右回転のバズベイトで拾っていくというローテーションの方法をしています。 バズベイトに関しては、怒らせ要素が大きいので同じスポットに最低5投くらいする気持ちで投げないとダメですが、何投もした後なのに突然ボコって出るあの感触は醍醐味やと思いますね。





バズベイトでそんな事が出来るのですから、絶対流用が出来ると思いませんか!?
例えば、シンゴスクリューやK-1macに代表されるシンキングプロップベイトなんかいい例だと思います。 前後のプロップが両方右回転だったり、はたまた左回転だったりと広がりが出来てきます。
I字系ルアーなのでバランスが難しいでしょうが、あったら必ず自分は買うでしょうな(笑) 誰か作らないのかなぁ~!?






そんなこんなでコリオリの力について、ルアーの面で斬っていきましたけど、どうだったでしょうか? あくまでも自論ですので、チラ見スタイルの閲覧で十分でしょうね。
また気が向いたらですが隔月で更新していけたらと思います。 それでは次回までお楽しみに~。

第38回!!

第38回目のミニコーナーです。 最近では飛び飛びになってしまって反省するところもあるんですが、あまり良い事は書いていないかもしれないのでまあいいかな!?って感じです。 ヒマな時に覗いたら更新してた、位のスタンスで今後もいきます。

さて38回目のミニコーナーですが、『サイドイメージ ストラクチャースキャン 魚探の活用方法』というお題で書いていきたいと思います。

この手の魚探は、ボートのサイドにあるストラクチャーを絵として表示するので、従来の魚探では判別しにくかったモノが理解できるという代物です。 ワタクシは所持していませんし、見えないモノを想像しながら釣りするほうが楽しかったりするので、今のところはあまり必要とはしていませんかね!? まあコレに関しては人それぞれの考えなので否定も肯定もしませんが。。。



発売当初にこの魚探を見て思ったことは、使い手次第でプラスにもなるし宝の持ち腐れにもなるんじゃないかと言う事。


TOPプロとワタクシみたいなペーペーなローカルプロでは使い方も当然違ってくる(見方が違う)ようで、ある人の使い方を見てても地形を見るだけではなかったのを覚えています。
その人が遠賀川でよく言っていたのは『天然』というワード。 これを見ていくことで、川の流れがどのようにあたっているのか分かるんだそうです。



そういうのを見たり聞いたりしてると、その絵を読解していく知識の方が必要だったりする気がします。



ダムにはダムの、、、川には川の基本構造があって、それを細かく知っていた方が、初めてのフィールドでも困らず魚の場所を突き詰めていけるのではないでしょうかね。



ワタクシのホームフィールドは遠賀川なので川の基本構造を知っておかなくてはいけませんし、海水が影響するエリアもあるので塩水くさびの考え方も重要になってきます。



例えば川の構造で行くとインサイドアウトサイドの考え方あります。 川の場合アウトサイドに硬いストラクチャーがあるのは皆さんもご存知でしょう。 テトラや石積みがあるのは大概アウトサイドにあるはずです。
じゃあなんでアウトサイドに硬いストラクチャーを沈めるのか!?



答えは、侵食防止なんですが、もう一つ深く考えるとアウトサイドベンドの河床は柔かい と言えなくもないですよね!? 
硬いものの近くにある柔かいものは尚更侵食しやすいので、よく流れが当たっているエリアほどその周辺が侵食されているのが見受けられます。
コレの応用でインサイドには○○があってこうなる!! やら 昔の流れはこっちに抜けていたんや~とかが理解出来てくるわけですね。
因みにローカルな話になりますけど遠賀川中流域の高圧線下~下の水門までは昔、アウトサイドだった遍歴が残されているのでテトラや石積みが多い筈です。



ダムの構造では、昔のチャンネルが湖底にどう入っているか? を先ず考えそこから逆算してある程度の地形ができます。 ダムは、昔の集落を沈めて造っている場合が殆どなので、流れが当たりにくい土砂崩れしにくい場所に集落があったり、フラットの角には針葉樹木を植えて地盤を強くしたりしていて面白いです。




ダムや川の構造が理解できたら、余計にサイドイメージ ストラクチャースキャン の高性能魚探を駆使できると思いません?
ある程度知っておくと、ここにこれがあって~こうなっているからここに流れが当たって、ここだけ釣れるんだ~みたいな感じで、ここにこんなのがあって投げたら釣れた~より、より釣った感が高まるのではないでしょうかね。


ワタクシ オカネ ナイカラ カエナイ ケド~。。。


遠賀川で一つ気になっているのは、スロープの沖の砂の地形と下流域の真ん中の泥の地形。 だれかに乗っけてもらいたいです(願)


今回のミニコーナーは高性能魚探の活用法について、読解していく知識の点から書いていきました。 持っている方はより活用していただくよう、そして持っていない方はワタクシのようにこつこつと貯金から始めましょう(笑)




毎度の事ですが、あくまでも自論なんで流し目スタイルの閲覧でお願いします。 それではまた次回!!

«  | ホーム |  »

プロフィール

細川ゲンゴ

Author:細川ゲンゴ
HGガイドサービス
ガイドフィールド 遠賀川上流域

ガイドコース   6時間コース  夕マズメ3時間コース の2コース
            ↑↑↑         ↑↑↑
ガイドフィー   15000円      8000円

使用ボート   ステーサー400 + 40馬力

問い合わせ先  090-5388-2820
               か
  koikoiblack.gengo@docomo.ne.jp まで

 

最近の記事

最近のコメント

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

 

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク